見出し画像

これないの? 03_既に「ハンドソープディスペンサー」って名前まで

今回はシンプルに、本当にシンプルに、

「自分のような凡人が考えることなど、世間では、とっくの昔に検討済。」

ということでございます。

そんなお話し。

だから、「これないの?」で記事を書いてはいけないな、と思いながらの投稿です。

とある休日のお昼。

またまた大好きなうどん屋さん。大好きな釜玉うどん。

そして、食事の前は手洗い。

おおっ!?水道栓しかない。

これいいね! 03_これダイソンなの?」でご紹介したとおり、すごいマシンを見てしまったので、

水道栓しかないとものすごい不安にかられてしまう。

これですね。すごいマシン。

いや。この水道栓しかないタイプで普通なんですけどね。

で?乾燥機は?ありますね。壁設置タイプだけど。

で?ハンドソープは?ありますね。これも壁設置タイプでお揃いなんですね~。

消毒液まであっていいですね~。っておい!

こんなに離れてたら洗面台びっちゃびちゃになるやんけ!

こんなに離れてたらよ!

まず手を濡らして、そしてハンドソープに手を伸ばし、もう一度ボウルで手を洗う。という動作。

やっぱり。濡れたわ。

拭きたかったけど、紙がないから諦めた。残念な気持ち。

やっぱり、ハンドソープはボウルに近いところに無いと具合が悪い。

そして、やっぱり、ハンドソープは、手を近づけるとセンサーが反応して、必要量だけ自動的に出る。というのが最高。

おおっ!?

そんな機械ないんじゃない?

容器のフタ部分というか、プッシュして出す部分だけ取り替えられる、電動でハンドソープが出てくるようなやつ。

これはいけるんちゃう?

・・・。

いえ。いけません。全然いけません。

「ハンドソープ 電動」なんかでググったら、めっちゃ出てきます。

容器の先だけ付け替えるのではなく、もう、専用の機械であって、ハンドソープを機械に入れてしまう感じ。

そりゃそうか。そうだよね。

しかも、こういう機械、「ハンドソープディスペンサー」という名前らしい。

「ハンドソープ ディスペンサー 自動」で調べてみると、こんなにもかっこいいやつがあるくらい。

(「サラヤ株式会社の『ELEFOAM』のページ」より引用)

この手の製品は、値段も平均的に2,000円から3,000円くらい。

ほんと、調べる直前までの自分が情けない。

こういう調べ物をしてて、今回が一番情けない。

「知らないのは自分だけ」というパターンが続いてるな。最近。

まぁ、それはそれで、「既にあるのね」と認識しておきますか。

しかし、それだけで終わってしまってはもったいないので、自戒の念を込めながら、ちょっとだけケーススタディ。

今回のケース。「じゃあどうする?」を考えてみるならこんな感じでしょうか。

●既に存在するのは気にせず、同じ用途でも「もっといいやつ」を開発することを考える。

●同じような製品であるにしても、ちょっとした改良を加えて、異なる利用シーンで活躍できるように、目線を変えることを考える。

●(もうハンドソープディスペンサーから離れて)今回のように、ボウルとソープが離れてるのを解消する別の何かを考える。

●(もうハンドソープディスペンサーから離れて)今回のように、洗面台がびちゃびちゃになっても、すぐに乾くとかナントカで、快適な状態に自動的に復帰することができる何かを考える。

というあたりでしょうか。考えればまだ出ると思います。

そして、これらを題材にして、「誰の?何を?解消することでどんな価値を生むのか?」につなげられるようにする、という訓練が必要ですね。

まだまだですな。

前回の投稿、「これないの? 02_靴の丸洗い機」に続いて、

「知らないのは自分だけ」ということを肝に銘じて、日々精進でございます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

ぶっちゃけ!

ビジネスマンとしての約20年の経験から、いまどきの若いもんのため、そして、自分のためにコラムなんかを書いています。 https://twitter.com/admin_butchake

これないの?

世の中の、「こういうのはないのかい?」ということを独自の視点で語り、「これないの?」としてまとめます。ちょっとした、ほんのちょっとしたことなんです。でも、「こういうのがほしいんだけど・・・」と思えること。 ささやかながらフィーチャーしています。

コメント2件

写真を使った記事、わかりやすくて大好きです!
あと、noteおすすめ選ばれていましたね。おめでとうございます!
末吉さん。コメントありがとうございます。
そうおっしゃっていただけて本当に嬉しいです。
noteに投稿するようになって約一ヶ月になりますが楽しいですね。
初めてスキをいただいたのも末吉さんでした。舞い上がってしまった記憶はまだ鮮明です。
こんなのでもおすすめに選ばれたりするんですね。末吉さんに教えていただかなければ気づかなかったところです。
ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。