校正のバイトをしててよく直す箇所10選

時々、校正・校閲の仕事をバイトでやっています。主に、文字・文法の間違いを正すのが校正、文章内容の事実関係の間違いを正すのが校閲、です。

校正の仕事の中心は、誤字脱字衍字や助詞(「てにをは」など)の修正ですが、「それ以外も気になったところは赤字を入れてください」と言われる場合があります。そうして見ていくと、たびたび手を入れる箇所、定番の直しというのが浮かんできました。

ここでは文章を書く人に向けて、「別に直さなくてもいいかもしれないけど、気をつけた方が読みやすい文章になるんじゃない?」というのを10コ選びました。ワタシは校正を「文章の間違いを無くす」だけでなく「文章を読んだときの違和感を無くす」ものだと考えています。なので、他の人だったら直さないかもしれないものもあります。あくまで目安として読んでください。先に項目だけ抜き出します。

1. 順接の「が」が頻出する
2. 「も」を使いがち
3. 「することができる」を使いがち
4. 途中で主語が入れ替わっている
5. 意味のまとまりで「、」を打たない
6. 列挙するときに余計な語句を入れてくる
7. そこ漢字?ってところが漢字
8. 同じ表現・言葉が近い位置に出てくる
9. 表現がバラエティ豊かすぎる
10. 同じことを書いている&省略せずに書いている

(追記)通常の校正だけではなく、気になるところを見るよう頼まれた場合、こういうところを見ます……と上で説明しているのですが、そこを読まずに「校正にこんなでしゃばったことをされたら迷惑」のような反応がありました。さらに「赤入れではなく鉛筆書きにすべき」という校正者にとって常識レベルの指摘までありました。無料で文章を公開すると本来読まなくていい人にまで届いてしまうようですので、下記は有料公開にしました。ご了承ください。

この続きをみるには

この続き:5,435文字

校正のバイトをしててよく直す箇所10選

bxjp

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

437

bxjp

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
18つのマガジンに含まれています

コメント3件

面白かったです。勉強になりました。


> 3. 「することができる」を使いがち
ビジネスにおいて誤解が減るのでこう使うようにしています。

口語やメールにおいて、
「切れる」→「切ることが出来る」/「測れる」→「測ることが出来る」という使い方を意図して使っていますね。canを内包させるのではなく、独立させて言う方が明らかなので。

回りくどいと感じないくらいには使い慣れてしまっています(^ ^;)
「することができる」に関するご意見、ありがとうございます。「することができる」を使い慣れてる間柄では、そちらを使うほうがむしろ違和感がなく、問題も起きないのでしょうね。やはり言葉は使用する状況と切り離して考えられませんね。
具体的で自分の文章を添削するのが楽しそうです。ありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。