カフェバグダッド

中東(オリエント)の奥行きの深さを、文化、歴史を交えて日本に紹介していきたいと考えています。近くて、遠い、両者の関係を深める助けになるんじゃないかと思います。旅をしている気持ちになれるようなエッセイも、トラベル情報を織り込みながら書いていきます。

ISが失った領地で大火災、少数派ヤジーディ迫害の証拠焼失の危機

ISは今年3月、シリア北東部の町バグズでの戦いに敗れ、すべての実効支配地を失った。かつてISが占領していたイラク北西部からシリア北部にかけての土地は主として草原や耕作地。その一帯の各地で大規模な火災(野火)が発生し、大きな被害が出ている。

中東のニュースサイト「アルモニター」によると、シリア北部で自治を行うクルド人組織は、火災がシリアのアサド政権やトルコ政府、ISがけしかけた放火が原因であるとの

もっとみる

中東の少数派「ヤジーディ」の呼称に表れる偏見と差別の歴史

外国語の固有名詞などを日本語でどう表記するかは、とても悩ましい問題だ。異なる音を持つ言語を、完全な形で別の言語に置き換えることには、おのずと限界があるのも確かだ。だから、「絶対にこうあるべきだ」という唯一の表記があるわけでもない。

そうした限界があることは承知の上で、「では、どうするのがいいのか」、根拠をなるべく具体的に記しながら考えてみたい。このマガジンで連載を続けている、中東の少数派宗教集団

もっとみる

「辛くなく、酸っぱさがポイント」イラン料理を知るための10皿

1980年代後半から90年代にかけて、日本にイラン人が大挙やってきたこともあってか、イラン料理は中東料理の中でも比較的早く日本に広まった。とはいえ、ケバブや「ポロウ」と呼ばれるピラフなど、料理店で食べられるものは、比較的限られている。ここでは、もう少し幅を広げて紹介できたらと思う。

イラン料理を特徴づけるものはいろいろあると思うが、中でも「酸っぱさ」は大きな特徴だ。味付けにレモンなどのかんきつ類

もっとみる

ISとの間に生まれた子供たちを、ヤジーディ社会は迎え入れるべきか

「ヤジーディ」とも呼ばれる、中東の少数派宗教「ヤジード教」の信徒たちの社会生活には、他の宗教と異なる大きな特徴がある。

「ヤジーディ同士でしか結婚できない」という決まりだ。男女にかかわらずヤジード教信徒が、イスラム教などヤジード教以外の人と結婚しようとした場合、ヤジーディ社会から追放される。はっきり言ってしまえば、ヤジーディ社会に、ヤジード教徒以外の居場所はないということだ。個々のヤジード教徒か

もっとみる

蘭州拉麺(ラーメン)の「食べ調べ」で、これまで分かったこと

「蘭州ラーメンから見える、この広くて複雑な世界の断面」というタイトルで、日本の蘭州拉麺(ラーメン)について前・後編の2回にわたってレポートしてきた。今回はその「番外編」という位置づけで、蘭州拉麺の社会背景について、とりあえずのまとめをしてみたい。

その前に、表記について。これまで、「蘭州ラーメン」と表記してきたが、この記事以降、「蘭州拉麺」と記すことにしたい。「拉麺」は、いわゆる「手延べ」で作ら

もっとみる