世界は驚きに満ちている

画像1 早春、銀手毬を買った。フォルムがたまらなく可愛かった。張り巡らされた白い棘も。
画像2 花が咲いた。多肉植物に大いなる愛を注いだ祖父の孫とは思えないほど、それらと相性の悪い私、この展開に感動。
画像3 しかしこの後、銀手毬は仔吹いて増えつつも、クリスマスツリーのように伸びてとんがった。もはや白い棘さえもなく。おじいちゃんこれは。日照不足だと突き止めて移動させるも・・・
画像4 伸びきった先が膨らみながらますます怪しい形に。これ、銀手毬だよね。これ、進化なの?祖父に比べればサボテンへの愛はまだまだだが、ゲーテの植物変態論ヘの愛は深い私、まさに実地体験中なのか。
画像5 振り返れば、購入してすぐ、嘘みたいに蕾がついて花が咲き、首なが竜みたいに恐ろしく伸びて終わってしまった子もいた。一方でもう20年一緒のアロエのような子もいるが、彼らのことはいまだ予想不能。サボテンの声はまだまだ聞こえないらしい。銀手毬が私と多肉植物の新しい世界を構築してくれることを祈るばかり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。重病に苦しむ子供たちの英国の慈善団体Roald Dahl’s Marvellous Children’s Charityに売り上げが寄付されるバラ、ロアルド・ダールを買わせていただきたいと思います。

ありがとうございます♫
16

イデ クララ ユカ

NYロングアイランド在住。アクセサリーブランド"Blue Millefeuille"オーダー製作の傍ら執筆活動中。ガーデニング・料理・刺繍ソーイング・着物が主な趣味。本は読むのも集めるのも好き。バラに満ちた秘密の花園を作りあげるのが夢。twitter.com/clrciel

空想の扉

考えることが好き。日々つらつらと、理由とか目的とはなく、ただこぼれ出したあれこれを、そっとまとめておこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。