見出し画像

【confess】 名護市長選2018・選挙戦略分析レポート。

辺野古基地反対を掲げていた稲嶺進さんが3458票もの差をつけられ、自民・公明・維新推薦の渡具知武豊さんに負けましたが、どうしてこのような結果になったのでしょうか。すべての勝敗には理由があり、分析して反省しなければ次にはつながりません。このレポートは、今後の選挙戦略を考える上で非常に重要なデータとなっております。

今回の選挙は、渡具知武豊さんが勝つべくして勝っている選挙となり、仮に公明党が自主投票だったとしても渡具知武豊さんが勝っていたと言えます。自民党の戦略が偶然にも見事にハマり、「選挙に強い」と思われていた稲嶺進さんに圧勝。いろいろとグレーな戦術を展開していた渡具知武豊さん陣営ですが、まさに「勝てば官軍」です。それぞれの「勝因」「敗因」を探ってまいりましょう。

この続きをみるには

この続き:10,808文字/画像11枚

【confess】 名護市長選2018・選挙戦略分析レポート。

チダイズム

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

鬼のようにレポートを量産していく計画なのですが、サポートしていただいたら、スタバのヒーコーをシバきながら原稿を書けるようになります。モチベーション高まります。いつもありがとうございます。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
9

チダイズム

選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを公開中です。立候補する方、当選させたい議員がいる方は、すべてのレポートが必見です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。