【選挙ウォッチャー】自民党・杉田水脈議員は今すぐ辞職するべきである。

「LGBTは生産性がない」・・・。こんなことを堂々と発言してしまう劣悪な国会議員がいました。はっきり申し上げて、その感覚があまりに時代遅れすぎて、現代にまったくフィットしていないので、戦前ならともかく、平成ラストイヤーの国会議員としては相応しくありません。今すぐ議員を辞職した方がいいレベルです。もはや国会議員としての資質どころか、人間的にもどうかと思いますので、ここまで「人権」を考えられない人間は、社会の端っこを細々と生きていっていただきたいです。杉田水脈さんが国会議員という立場で時代錯誤を極めたクソ言論を撒き散らすのは社会衛生上、良くありません。悪いことは言わないので、とっとと議員を辞めていただき、そこらへんのオバサンとして生きていただければ幸いです。もうこれ以上、日本の恥を世界に晒すのは勘弁してください。


■ BBCのドキュメンタリー番組でも人権無視の暴言が放送された

杉田水脈さんは、ジャーナリストの山口敬之さんにレイプされたと実名で訴えている詩織さんについて、BBCのドキュメンタリー番組に登場し、「レイプされた女性が悪い」という持論を展開しました。そこらへんのオバサンではなく、国会議員がこんな発言をしているため、世界中がビックリ仰天。まさに今、世界中で性暴力を撲滅するための取り組みが行われている中で、日本では「保守」を自称するネトウヨをこじらせた国会議員が「レイプされる女性が悪い」と言ってのけたのです。変態をこじらせた痴漢のオジサンが言うならともかく、女性を守るべき立場の国会議員が、まるで変態をこじらせた痴漢のオジサンたちに媚びるかのごとく、平然と自己責任論を述べる美しい国・ニッポン。最近、ネット上を賑わせているのは、女性にばかり体当たりする変態オジサンや、次々とすれ違う女性の尻を触って通り過ぎる変態オジサンの動画です。これらの動画を頻繁に見かけるようになって、今さらながら、女性たちが日常的にクソみたいな男たちの被害を受けていたことを知りました。僕たちが知らないだけで、実はあらゆるところに性暴力があって、悲しんでいる女性がいるとするなら、それは今すぐに改善しなければなりません。そんなタイミングで女性の国会議員が「レイプされた女性が悪い」と言ってのける。この時点でだいぶ狂っているのですが、この狂った国会議員はこれをガチで正しいと思い込んでいるため、世界中にさらなる恥を晒すようになったのです。


■ 「LGBTは生産性がない」という新たなトンデモ発言

杉田水脈さんは「新潮45」という本の中で、「LGBTは生産性がない」と言い切りました。杉田水脈さんのご主張を読まずして批判するのは申し訳ないと思ったので、きちんとお金をドブに捨てるつもりで「新潮45」を買い、この記事を書いております。杉田水脈さんは「文章を切り取って印象操作している」と反論していますが、最初から最後まで読んでみて、「切り取ってもクソだが、切り取らなければもっとクソ」だということに気づかされましたので、改めて検証させてもらおうと思います。ネット上では「LGBTは生産性がない」という部分だけで議論されていますが、ちゃんと読むと、クソさ100倍。こんな人間が国会議員をやっている日本がつくづく残念でなりません。

例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同を得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。

この文章を読めば分かるように、杉田水脈さんは「生産性」とは「子供を作ること」だとキッパリ断言していらっしゃいます。男女のカップルの不妊治療に税金を投入するのは「生産性がある」ことで、LGBTの支援には「生産性がない」と言うのです。しかも、政治家がLGBTの問題に取り組んでいるのはあくまで「人気取り」で、「勘違い」であるとまで言っているのです。こんなに酷い解釈があったでしょうか。どこまで頭が悪ければ、こんな解釈ができるのでしょうか。杉田水脈さんに言わせれば、LGBTの方々は障害者ではなく健常者なので、この人たちに税金を投入する必要はないとおっしゃっています。しかし、税金というのは必ずしも障害者や社会的弱者のためだけに使われているわけではありません。多くは健常者のために使われており、例えば、起業支援の助成金は、大金持ちを夢見ている何一つ不自由のない人たちへの税金投入です。時にはブルジョワな生活をしている人にも税金が投入され、起業がサポートされています。しかし、こうした人たちに税金が使われていても文句を言う人はあまりいません。日本の経済を回していくためにはベンチャー企業にも頑張ってもらいたいという人が多いからなのですが、税金が弱者のためだけに使われているというのは幻想です。図書館やコミュニティーバスを健常者が使ってはいけないわけでもないし、広く市民や国民のために使われる税金はたくさんあります。こんな基本的な理屈もわからないアホな大人が恥も外聞もなく国会議員をやっているなんて、そりゃ日本の発展が伸び悩むわけです。杉田水脈さんの差別意識は、この一文にも垣間見えます。

マスメディアが「多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然」と報道することがいいことなのかどうか。普通に恋愛して結婚できる人まで、「これ(同性愛)でいいんだ」と、不幸な人を増やすことにつながりかねません。

いつから「同性愛」「不幸」になったのでしょうか。同性愛者が本当に好きなパートナーと結ばれるのは幸せなことのはずです。なぜ同性愛だと「不幸」なのでしょうか。世界中でLGBTを理解し、「同性愛が不幸ではない世界」を目指す取り組みが実行されている中で、「同性愛者は不幸」だと言い切り、税金を投入するのは「生産性がないからダメ」と言ってのけるのが、まさかの国会議員。「同性愛者を不幸にしているのはオマエだろ、バカタレ!」です。こんな人が国会議員を続けていていいのでしょうか。


■ LGBTを尊重するのに税金は必要なのか

杉田水脈さんは「LGBTは生産性がないから税金を使うべきではない」とおっしゃっています。しかし、世の中に「LGBT補助金」があるわけでもなし、現状として、LGBTの方々に対して何らか税金を使うようなサービスは展開されていません。同性愛の結婚を認めたとしても、あるいは、同性愛に対する理解を深める教育をしたとしても、LGBTの権利を認めることには、ほとんどお金がかかりません。むしろ、お金をかけずに国民に生きやすい環境を提供し、人々を幸せにできる政策こそ「LGBTの権利を認める」ということなのです。例えば、ゲイのカップルがいたとして、彼らにどんな税金を投入するつもりなのでしょうか。男女のカップルと違って不妊治療にお金がかかることもありませんし、子育て支援に税金が使われることもありません。それどころか、彼らが働いて納めてくれた税金で、男女のカップルが不妊治療を受け、子育てにかかるお金を助成してもらうのです。こうなってくると、ゲイのカップルに感謝こそすれど、恨むことはないはずです。杉田水脈さんは「税金」を盾にLGBTの方々を批判しているのですが、金額的なエビデンスは一切持ち合わせておらず、ただ差別をしているだけです。


■ 「戦前思考停止オバサン」を擁護する自民党の議員たち

BBCで世界デビューを果たすレベルの「恥さらし国会議員」には今すぐ辞めていただきたいと思いますが、杉田水脈さんは「比例・中国ブロック」の衆議院議員です。まさに今、豪雨災害で大変なことになっている中国地方の方々が「自民党」に投票した結果、杉田水脈さんという国会議員を生み出し、みんなが復旧に力を注いでいるタイミングで、こんなくだらない記事を書いているのです。これまでのレポートの中で、自民党の議員たちがどれだけ仕事をしていないのかを指摘してきましたが、杉田水脈さんは小選挙区で名前を書かれて当選したのではなく、支持政党を問われて「自民党」と書いた人が多かった結果、自動的に議員になった人です。「おいおい、自民党はこんなクソみたいなオバサンを議員にして恥ずかしくないのかよ!」と思わずにはいられませんが、杉田水脈さんがご自身のTwitterで、このようにツイートしていらっしゃいます。

この件に関しては、日頃から杉田水脈先生を支持しているネトウヨでさえ、明らかに分が悪すぎるために沈黙を貫いているのに、杉田水脈先生によると、大臣クラスの自民党の議員が「間違ったことを言っていない」と励ましているというのです。つまり、この大炎上している杉田水脈さんの発言を擁護するどころか、「その通りだ」と賛同して、自分で発言していないだけで、ほとんど同じ思想をお持ちでいらっしゃるわけです。最悪じゃないですか、自民党。どこまで腐っているんですか、自民党。豪雨災害の対応でも最悪だと思っていましたけど、思想的な面でも強烈に腐っているじゃありませんか。西日本が豪雨災害に見舞われているタイミングで、LGBTに対する差別と偏見に満ちあふれた持論を展開し、炎上した末に「自民党の先生には励まされている。自民党は最高だ」と答えてしまう空前絶後の恥さらし議員・杉田水脈先生。ましてやLGBTの理解促進を担当している先輩議員から「雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉を選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ない」との認識なのです。僕はすべてを読みましたけど、とてつもなく問題だらけでした。LGBTの理解推進をしている自民党の議員がそんなことを言っているのだとすると、この国のLGBTに対する理解は永久に進みません。ただ一言、「辞めちまえ!」です。


■ 選挙ウォッチャーの分析&考察

杉田水脈先生は記事の中で、安易にLGBTを認めて、世の中がゲイやレズばっかりになってしまったらどうするんだとおっしゃっていますが、そんな心配は不要です。そもそもLGBTというのは「性的マイノリティ」と言われているように「マイノリティ」なので、少数派なのです。どこぞのエロDVD屋さんにでも行ってもらえばわかりますが、ゲイやニューハーフの作品が置かれている棚は、かなり狭いです。もし、ゲイやニューハーフモノの作品がよく売れるのだとすれば、今頃、この棚の面積はかなり広いはずです。アチラさんも商売でやっていらっしゃるので、売れるものをたくさん取り扱いたいはずで、最も面積が広いのはキレイでカワイイ女優さんがセクシーなことになっている作品です。LGBTが多数派になるということは、この棚の面積がごっそり入れ替わる大革命で、セクシーな女優さんの作品が並んでいる棚がゲイやニューハーフの棚になり、キレイな女優さんの作品が端っこの棚に置かれるということです。杉田水脈さんは「そんな世界になる」とおっしゃっているのですから、もし本当にそんな日が来る可能性があると思っているのだとすれば、さらに隅っこにあるスカトロの棚がメジャーになってしまう日が来てもおかしくないので、「クソでも食ってろ」という話になります。だいたい、世の中の多くの人が同性愛に目覚めてしまい、子供を作らない世の中になったらどうしようということで「生産性がない」と言っているのですが、日本ではLGBTの権利が認められるずっと以前から少子化が始まっています。杉田水脈さんが言うところの「生産性」をなくしているのは、LGBTの権利を認める認めないの話ではなく、政治家の皆さんの無能っぷりです。少子化に何一つ対策らしい対策を打たなかったばかりか、国民の平均年収が下がっているのに消費税を上げ、共働き家庭を増やしたにもかかわらず保育園問題を放置し、国民が子供を作りづらい環境を作り上げたからです。その政治責任の一切を反省せずに「LGBTは生産性がない」と言い放つほどの腐ったメンタル。こんな劣悪な人間を国会議員にしていると、この国はどんどん生きにくい世の中にされてしまうのです。日本をより良い社会にするためには、まず杉田水脈さんのような人を国会議員にしないことでしょう。[了]

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

鬼のようにレポートを量産していく計画なのですが、サポートしていただいたら、スタバのヒーコーをシバきながら原稿を書けるようになります。モチベーション高まります。いつもありがとうございます。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
354

チダイズム

tell me your ideas

this magazine is all about the articles that I thought “need, cool, and amazing” to share with someone. SO hey click this and read, then ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。