伊吹有喜(2018)『今はちょっと、ついてないだけ』光文社文庫

再起の物語。うまくいかない時が誰にでもあって、それでも時が経てば状況は好転するもので、その繰り返しなのだから長い目で生きていれば人生いくぶん楽なんだよって感じ。あんまり楽しくはない。

手に職を持つ人を持つ人が活躍する本作だが、日常に目を移した場合、その「手に職」というのは果たしてどれくらいの人が持っているのだろう。そんなに分かりやすいスキルではなくても、誰にも何かはあると、思えるといいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。