僕がnoteを書く理由

こんにちは。nagata(@SsfRn)です。

この記事から、「暮らしと居場所の模索日記」というマガジンをはじめました。

と言っても、単なる自分の考えや思考を書いていくだけのマガジンです。

コミュニティマガジンはこちらになりますので、マーケターの方などいれば覗いてみてくださいね。

さて、今回はなぜnoteを書いているのか?というお話です。


渋谷の福井料理屋での質問から

とある夜。

渋谷にて、同世代の3人が集まりお酒を交わしていました。同世代といっても、尊敬する方に会っていただいていたのですが、、

その尊敬する方であるTさんからこんな質問が。

Tさん「なんでnagataさんは、noteで書いてるんですか?他のブログじゃなくて。」

「そうですね。そもそもですけど、noteを始めたきっかけって、別にnoteじゃなくてもよくて。たまたま、知人がnoteを始めて、それを見てて、”あ、アウトプットしたいな。”と思った時に、noteが思い浮かんだんです。なので、別に違うものでもよかったですね。」

Tさん「じゃあ、もしブログで月に10万円稼げるとなったら、そっちに移ろうと思いますか?ちゃんとやれば実際にできると思いますよ。」

「そうなんですか?・・・でも、移らないですかね。」

こんな風に私断ってたんです(断るという表現もおかしいですが)。それはnoteがとても心地いいからなのですが、その理由を考えてみました。


noteのその先の景色を見たい

私が移らない理由、それは一言で言うと「noteのその先の景色を見たいから」

私がnoteを始めたのは、2018年1月8日。

何かコミュニティ関係について、アウトプットしたいという目的で、コミュニティマガジンを作りました。

そこから約2ヶ月ちょっとが経ちましたが、この短期間で、色んなことが起こったんですよね。例えば、、、

・メディア限定のイベントに参加させていただいた
・クローズドなイベントにお誘いいただいた
・イベントレポート書いて欲しいと依頼いただいた
・クローズドなコミュニティに誘っていただいた

とかとか。

つまり、noteという媒体を通じて発信したことで、リアルなアクションに繋がったということなんです。それもたった2ヶ月で。

これが、僕の考えるnoteのその先。

noteを通じて得た出会いや御縁で、何かをコトを起こす。これってとてもワクワクしませんか?

ブログで記事書いて、アフィリエイトで稼ぐより、僕はここを優先したい。それは、僕の興味を持っていることを知って、どんな思考かを知ってもらえた上で、一緒に何かのコトを起こせるから。本当にそれがとても大きいと思います。

「いやいや、ブログでもそれできますやん。」

という声が聞こえてきそうですが、何か感覚が違うんですよね。


信用を貯金する感覚

そんなに詳しくはありませんが、noteって構造上、マネタイズするのがとても難しいと思います。広告も出せないし、収入は記事やマガジンを有料にするか、サポートしてもらうか。

僕個人的な意見ですが、noteってなんとなく「レターポット」をやっている感覚に似ているんです。

「お金を稼ごう」ではなく

「信用を貯金する」感覚。

noteを通じ、様々なことを発信することで、私がどんな人でどんな情報を持っているのか?信用していい人間なのか?その判断ができると思っています。

その人が有益だと感じる情報を発信すれば、一つ信用がたまる。そんなイメージ。

実際にあったことですが、本当に応援したい!という人に対しては、サポート機能があって、好きな金額を渡すことができるんです。

「めちゃいい記事ありがとう!これ気持ちです!!」的な。

これがまたすごく良くて。いただいたこちらは、もっとこの人と繋がりたいと思ったし、渡してくれた方も同じ気持ちだと思うんですよね。(思い上がりだったらすみません、、)

表面上はお金を渡しているんですが、実際は繋がりを強固なものにしてくれるツールなんだなと個人的に解釈しています。

実際その人とは、Twitter・Facebook・レターポットで繋がりました。レターポットを送り合う仲です(本当はダメらしいw)。

あとは、それで稼がなきゃ!ってなるのが何より怖いです。気付いたら手段が目的化してる状況ですね。これが怖い。まだまだ未熟なので、手段はあくまで手段で留めておきたいと、リスクヘッジの意味合いも込めて。


最後に

一つの質問で、色々考えていたら、改めてnoteっていいなと思った次第です。

これからも、飽きる気配がないのでnoteは当分続けていくと思います。

僕が言いたいのは、さあnoteをやりましょう!ではなく、発信することの重要性やら、オンラインで終わらさずオフラインに繋げると、面白いことが起きる可能性があるということ。

結局僕がしたいのは、多くの人と繋がって、様々な面白ことをしたい。ワクワクしたい。それだけです。

それがnoteのその先の景色なんですね。。

それでは!

※ブログ内容やコミュニティ情報はTwitterにて呟いたりしているので、覗いて見てください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!いただきましたサポートは、明日のコーヒー代にさせていただければなぁと。日常のちょっとした幸せを感じさせてください。

嬉しいです!どこかで会えたらもっと嬉しいですー!!
7

長田 涼

暮らしと居場所の模索日記

日頃の生活において、考えていること、気になったこと、基本自由に書いていきます。ジャンルなどは問いません。自分自身の思考の整理も兼ねて。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。