“性的対象”から“自ら性を売りもの”にする時代へ――マドンナが概念を覆した!?米音楽業界セックスシンボル学

性的魅力をまき散らし、熱い視線を集める“セックスシンボル”と呼ばれる女性たち。日本では“売り文句”になりにくい要素だが、米国では時代と共に様式を変えながらも、ショウビズの世界で成功するための要因として重宝されている。そんな米国の音楽業界におけるセックスシンボルの変遷とは――。

(絵/藤本康生)

「あたしのことを面白い人とかセックスシンボルではなくて、ひとりのアーティストとして見てくれているのは、うれしいな」――そんなコメントが目に入ったので、これはいったい、どこぞのセックスシンボルが放った言葉なんだろうと思ったら、なんとアメリカの女性ラッパー、カーディ・Bによるものだった。彼女が今年発表したシングル「Bodak Yellow」は、今年の9月末に全米ビルボード・チャートでテイラー・スウィフト「Look What You Made Me Do」を首位から蹴落としている。その成功を祝し、現在の夫でラッパーでもあるオフセットと「セックスしまくったわ!」と、すかさず言いふらしたことも記憶に新しいが、アメリカの音楽事情に詳しいライターの押野素子氏は、今もっともアメリカでセックスシンボル然としているアーティストとして彼女の名前を挙げる。

「カーディは元ストリッパーという経歴があり、キャラが立ちまくりのアーティストです。(女性ラッパーという土俵では)つい最近までニッキー・ミナージュがその座にいましたが、彼女同様、おそらくカーディも胸も尻も入れてる(人工豊胸・豊尻)でしょうけど、とにかくカーディはセクシャリティを前面に出した、いま一番勢いのあるアーティストですね」

 ちなみに今から1年前、彼女が何をしていたかといえば、『Love & Hip Hop』なるリアリティ番組に出演し、プロデビューを目指す女性ラッパーたちと派手なバトルを繰り広げていた。「言った者勝ち!」「自画自賛こそ信条!」とする押しが強く、負けず嫌いなラップ女子なら、ほかの誰がどう考えようと、相手を打ち負かすためには、自分のセクシーな性的魅力を最大限にアピールすることも当然だ――という話になる。

そもそもセックスシンボルとは何か

 セックスシンボルの概念は1950年代に誕生したといわれ、主に性的魅力を放つ著名人に対して、用いられる言葉である。だが、「私はセックスシンボルだ」ということにして、果たして、現実でまかり通るのだろうか? 受け手の趣味嗜好問題もあれば、時代背景や社会情勢によっても変化は起きるだろう。

 例えば、「世界を代表するセックスシンボル」として、マリリン・モンローが歴史的にもっとも有名とされている。しかし、彼女のセックスシンボル然とした活動をリアルタイムで観ることができたのは、現在70~80歳の人たち。筆者をはじめ、世間一般的に知られる彼女は、「1951年、映画女優として20世紀フォックスと契約を結んだ直後、過去のヌード写真が、かの『プレイボーイ』誌創刊号の表紙を飾り、契約破棄の原因となった。しかし、それがきっかけでセックスシンボルという称号がモンローに与えられ、そのコピーやイメージの再生産が、継続されてきただけにすぎない」――。そんな感覚のもと、長い年月が流れている。

 しかし、その凝り固まったセックスシンボル像をアップデートしたのが、今をときめくデヴィッド・フィンチャー監督が、84年に撮影したマドンナ「Material Girl」のミュージックビデオだ。豊かなプラチナブロンドの髪をゴージャスに魅せていたマドンナは、観る者にマリリン(から派生したイメージ)を喚起させるビジュアルにこだわり、それはデビュー・アルバム『Burning Up』(83年)のジャケット写真からも見て取れるし、セックスアピールも濃厚だった。そんな彼女が「Material Girl」のMVで、モンローに成り変わってみせたのだ。そこで(アップデートされつつ)再現されているのは、モンローの主演映画『紳士は金髪がお好き』(53年)で、彼女が「Diamonds Are A Girl's Best Friend」を歌う場面。もちろん、それを知らなくても“マドンナの曲”として観ることもできるし、仮にモンローへの成り変わりに気づいたなら、観た者は自然とモンローとマドンナの比較――例えば「モンローを真似ようなんて、格が違いすぎる」といった類のもの――を始めたことだろう。だが、比較したときに生まれる“ズレ”こそが、マドンナ側が望んだものだったのではないだろうか。

 モンローが世界的なセックスシンボルと呼ばれ、その言葉が一般化して広まった側面には、「ブロンド美人は頭が悪い」(前述の映画『紳士は金髪がお好き』で演じた役柄の影響で、“ダム・ブロンド”と呼ばれる)という、ステレオタイプの侮辱もあった。つまり、マドンナは「頭が悪いブロンド」として並列に扱われたくなかったのである。のちの89年にマドンナは、「常に自分らしくあれ。己の欲求に応え、妥協するな」というメッセージを携えたシングル「Express Yourself」を発表。アメリカでMTVが全盛期を迎えた時代に登場した彼女は、MVも利用し、「頭の悪いブロンドのセックスシンボル」ではなく、「賢く己を主張することが当たり前のセックスシンボル」像を、見事に築き上げたのだ。

 さらに90年には、ゲイのクラブシーンで注目を集めていたダンススタイルである“ヴォーギング”を採用した「Vogue」をリリースし、メインストリームにゲイ・カルチャーを惜しみなく紹介。これを機にマドンナは、ゲイの世界からもアイコンとして認められるようにもなった。

自己主張にプラスアルファ 豊満な“ケツ”の台頭

 マドンナが90年代前後に「表面的なセックスアピールだけでは、セックスシンボルとして脆弱である」ことを証明したと同時に、この時期から、「であれば、どこにセックスアピールが求められているのか?」という意識にも変化が訪れる。前出・押野氏の談。

「90年代半ばまでの世間一般的なセックスシンボルは、おっぱい至上主義が続き、パメラ・アンダーソン系“パイデカ金髪美女”がもてはやされていましたが、ジェニファー・ロペスの登場によって、一気に状況が変わったといえます。それまでのメインストリームでは“尻がデカい”ことは良しとされてはいなかったのに――黒人、ラティーノの世界では尻がデカいのはセクシーで良いこととされていましたが――ジェニファーの登場によって、『尻がデカい女はセクシー!』という意識が浸透し、ここから一気に世の女性たちは尻に力を入れ始めます。当時、アメリカの大学に留学していたのですが、友達の男子などがMVで尻を振って踊るジェニファーを見ながら、『おいおい、プルプル震えてるよっ!』って大喜びしていたことを思い出すほど、彼女が新たなセックスシンボルの価値観を作り出したことは間違いないと思いますね」

 ここで、至近距離でジーンズにくるまれたジェニファーのお尻を目にした経験がある身としては、よく戯画化されるような不自然な代物ではなく、身長など全体のバランスがとれた上での“巨尻”だったことを付け加えておきたい。

 こうして90年代は、セックスシンボル像そのものが大きく塗り替えられる時代となった。そんな基本的に“わかりやすい”セックスアピールにばかり目がいくなか、98年に(子役時代を経て)16歳で「...Baby One More Time」を世界中で大ヒットさせたブリトニー・スピアーズも、20年後の今現在、セックスシンボル・リストを作成すると、必ず入ってくることにも注目したい。同曲のサビに出てくる「もう一度、私に電話して」という意味の「Hit me baby one more time」という歌詞から、「一見、ごく普通の女子高生が……SM?」と妄想した輩が多かったという事実がある(編註:本来であれば「Hit me」ではなく「Call me」となるべきだが、曲を作ったプロデューサーが、若者が使用するスラングを勘違いして使用したと、後に告白している)。

 仮に、胸と尻が大きくなければ、セックスシンボルになれないという不文律があるとしたら、それはアメリカで「未成年者を性の対象として見てはいけない」というタブーが徹底されているからかもしれない。そこには「胸や尻が大きくない=成熟していない子ども」という暗黙の共通見解が生まれるため、たとえ成人女性であっても、胸や尻が大きくない者は、セックスシンボルとして召喚されにくくなるということなのだろう。そこで比較したいのが、アメリカと日本の違いだ。日本で活躍するアーティストで、ここまで書いてきたようなセックスシンボルは、果たして存在するのだろうか? 「正直、思い浮かびません」と、音楽ライターの渡辺志保氏が話す。

「日本の音楽業界は、セクシーさが自己表現の延長線上にあると考える人は少ないように思いますし、官能的なものやセクシーなものが、瞬時に『卑猥だ』『はしたない』と評されてしまうことが多く、アーティスト性にプラスに作用することは極めて少ない。メンバー全員が同じ制服を着て、同じ振り付けを踊るアイドルグループは、セックスシンボルとは真逆の価値観ですよね。そもそも日本はアメリカと違い、若い女性には処女性が求められることが多いですから」

 つまり、ブリトニーの音楽活動を継続的に目撃する音楽ファンは、「16歳でデビューした女子高生が成長する過程で“イケないこと”を覚えたり、汚されて悪いコになってしまうのでは」(Good Girl, Gone Bad=良い子が悪い子に)という、不安と期待、2つの相反する感情を抱え、妄想することで、彼女がセックスシンボルとして屹立していく――という見方もあるのではないだろうか。

セックスシンボル化は成功するための要因か

 同じく「Good Girl, Gone Bad」の例で、05年に17歳でデビューしたリアーナ(現在29歳)がいる。彼女の3作目となるアルバムは、まさに『Good Girl, Gone Bad』(07年)と名付けられ、このリリースを前後にセックスアピールを重要視する方向に大きく舵を切っている。彼女は3年ほど前から“乳首解放運動”、つまり女性のトップレス解禁に賛同し、たとえ一部からひんしゅくを浴びせられようと、可能な限り、自ら乳首解放を実践している(運動開始当初、インスタグラムにアップした乳首写真がきっかけでアカウント凍結事件が起きたほど)。この運動の根底には、「男は胸を出しているのに、なぜ女はダメなのか?」という疑問があるわけだが、実際に突き詰めていくと、女性の乳首から性的魅力が剥奪されることにもなりかねない。そうなると、セックスシンボルとしてのリアーナの今後の動向が気になってしまうのだが。

 また、「Good Girl, Gone Bad」の図式でいえば、ケイティ・ペリーもピッタリ当てはまる。牧師の両親のもとに生まれ、キリスト教系の学校に通い、幼少期から教会でゴスペルに傾倒――そんな彼女が23歳のときにヒットさせた曲のタイトルが「I Kissed A Girl」(08年)だ。ケイティ自身の解説によると、「10代の頃、女の子同士で遊んでいるとき、思わずキスしちゃった」というニュアンスのようだが、いかにも厳格な家庭で育ってきた彼女へは「同性愛者をサポートしているのではないか」「女性同士のキスは美しいものとして扱いながら、男性同士のキスを排除しているのではないか」などの反応を集めた。

 一方で、「ケイティのスリーサイズは、往年のマリリン・モンローとほぼ同じ」(実際にはケイティのウエストのほうが、わずかに上回っている)という情報が駆けめぐり、本人がまったく意識していないところでセックスシンボル化した例もある。彼女自身、「ガッチリ体型で自信がなかったけど、受け入れてもらえたのは素直に喜ばしいわ」と語っている。ほかのセックスシンボル然としたアーティストと比較するなら、ケイティの場合は、(ファッションセンスを除けば)極めて自然“体”であるといえよう。

最大限のエロさアピール ただ、それだけでいい!?

ビルボード・チャートを制覇し、今、アメリカでもっともセックスシンボル然とするカーディ・B。貧しい生活から逃れたいがためにストリッパーとなり、稼いだお金は整形手術費用に。そんなバックグラウンドも、現代のセックスシンボルらしいエピソードである。

 そして同時期、アメリカのセックスシンボル像を考える上で、音楽アーティストではないものの、非常に重要な人物が現れる。サイゾー本誌でもたびたび企画でその名が挙がる、キム・カーダシアンその人だ。

 ラッパー、カニエ・ウエストの妻としても知られる彼女だが、そもそもは元カレとのセックスビデオ(ハメ撮り)の流出で時の人となり、その直後にメインキャストに据えられたリアリティ番組の放送が開始されると――いう段取りで、全米の注目の的となった女性だ。この流れは、キムの親友でもあるパリス・ヒルトンがブレイクした経緯とまったく同じだ。

「キムの登場で、名声欲の強さと、それを勝ち取るためのエロい体が、もっとも重要になってきているように思います。それがアメリカの音楽業界にも少なからず影響を与えています。

 日本では“控えめだけど……実はエロい!!”みたいなほうがウケますが、アメリカで控えめ系エロなんて、ジャパ専(日本人専門)やアジ専(アジア系専門)の男性にしかウケません。たとえ胸や尻が偽物であったとしても、『とにかくデカけりゃ気にしねえ! 整形でもセクシーだったらエニシング・オッケー!』みたいな感じなので、整形もやったもん勝ち。

 つまり、セックスアピールさえあれば、今のアメリカではセックスシンボルになれる可能性があるということです。それを証明したのがキムなんですね。今や一般の女子たちに『私にはなんの才能もないけど、セクシーで有名になってやる!』という希望を与えて、国民的スター(ワナビー)化してる勢いです。

 ちなみに、胸も尻もドドーンと出しているビヨンセですが、アメリカ男性から『彼女はとってもセクシーだ!』という話を聞いたことがありません。女性からは憧れの対象なんでしょうが、ビヨンセの“一生懸命さ”がセクシーさを消し去ってしまうんでしょうか。同じように、レディー・ガガもセクシーと言われることは少なく、一生懸命さというのは、セックスシンボル感を薄める要素なんだと思います」(押野氏)

 冒頭で紹介したカーディ・Bは、キムよろしく、自らのセックスビデオをリークするのでは? という噂が出回っているが(ソフトなカラミのものは、すでに流出済み)、彼女は彼女で自分の考えるセックスシンボルの座をキープすることに執着しているフシもある。

 さて、こうして変遷を見てきたアメリカ音楽業界におけるセックスシンボル像だが、その時代背景によって要因となる事象は多岐にわたることがわかっただろう。であらば、今現在は“なにをもってセックスシンボル”となり得るのだろうか? 前出・渡辺氏に聞いた。

「やはり自らのセクシーさに対して揺るぎない自信を持ち、男性に媚びない女性を指すのではないでしょうか。そして、それが他者の持つイメージと共鳴している女性が、セックスシンボルになり得るのではないかと思います」(渡辺氏)

 現在のアメリカの音楽業界を見渡す限り、渡辺氏が指摘している部分をしっかり守っている女性アーティストが、セックスシンボルとして成功しているといっていいのかもしれない。

 もちろん、中にはキム・カーダシアンのように、女性としてのセックスアピールを最大限に売りにする人物もいるが、それもまた、その時代背景における影響の賜物なのだろう。とはいえ、セックスシンボルになることが目的になりすぎて、セックス・アピールなのか何なのか、よくわからないものがアピールされている(ように思えてしまう)傾向が強まっていることも否めないのも事実だ。

(文/小林雅明)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

サイゾー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。