ウロマガ抜粋ノート【2018年7月】

月額マガジンで毎日更新している日記から抜粋したものです。

2018年7月1日の日記

中目黒駅の近くにあるビルはカラクリ式の鐘(音階がある)がついていて、正午になると機械が鐘を叩いてメロディを奏でるのだが、これがめちゃくちゃうるさい。ぎゃあああああああんごおおおおおおおおおんって感じ。

真下を通ると耳がズビーンとなって頭がごわごわする。あまりにもうるさすぎて笑ってしまう。急なデリカシーのなさに笑うしかないのだ。

2018年7月5日の日記

片目をつぶって眼球を無理やり下に向けてみると、自分の鼻の先がかすかに見える。眼鏡の鼻あても見える。鏡で見なくても自分の鼻は見られる。直に鼻を見ながら指で鼻の先を押さえてみると、なんだか変な感じがするのが子どもの頃から不思議だった。

ただ前を見て鼻をさわるのと、視界の端に鼻をとらえたまま鼻をさわるのとだと、触感のニュアンスが変わる。なぜだろうか。

2018年7月12日の日記

今日は「氷漬け」のことを考えていた。よくアニメとかで氷漬けにされた人は「氷の中に埋め込まれる」みたいな感じになっているがあの水分はどこから来たんだろう。実際はシャイニングの最後のジャックニコルソンみたいになるのがリアルなんだろうけど。

コールドスリープについても考えた。あれ、めちゃくちゃ寝覚め悪いんじゃないかな。低血圧だと起きるときツラいみたいな話もあるし。全身カチカチに凍った状態からの目覚めは想像を絶するダルさに違いない。あと今思いついたコールドスリープドッキリなんだけど、コールドスリープマシンの周囲にわざとツタを巻いておいた状態で単独で目覚めさせて「もう世界滅んだあとだった!?」と思わせてびっくりさせたところでネタばらししたい。

2018年7月15日の日記

無罪の目をしたカバ

ここの自販機でほうじ茶(中段左から二段目)を買ったら、同じクルマのライター2人も全く同じほうじ茶を偶然買っていたことが発覚して少し騒然とした。こんだけ選択肢があって、3人が3人とも同じものを買うことってあります?

でもよく見てみると理由が見えてくる。このほうじ茶だけ140円で、両隣のお茶は150円なのだ。しかもみんなSAでスイーツ等を買って軽食にしていたので、口の中が甘ったるい。さっぱりした水分を欲していた。そうなるとほとんどお茶か水しか選択肢に入らなくなり、さらに10円相場より安いほうじ茶が選ばれる、ということになる。

私たちはほうじ茶を選ばされたのだ。ちなみに、このお茶だけ410mlしかなかったことにあとで気づいた。手のひらで踊らされた……。

2018年7月19日の日記

松屋で夕食を食べた。松屋、券売機が機械でうれしいからよく通っているんだけど、すすんで入る松屋と逃げ込む松屋の二種類があるなと思ってて、今日は逃げ込む松屋だった。いろんな可能性を排除した末の松屋。迷路の袋小路に腰を落ち着けてしまったような、後ろ向きな松屋だった。

2018年7月24日の日記

ところでココイチのカレーを頼むときなんとなく2辛を選択してしまったのだがこれは結論から言って大失敗であった。ココイチのカレーの辛さマシには愛がないのを忘れていたのだ。ほんとにただただカラい。2辛でも苦しくなるくらいカラい。なんだろう、ちゃんとしたインドカレー店の辛いカレーはもうちょっと辛いなりの愛情というか手心があるのだが、ココイチのは違う。ただの暴力って感じ。SMクラブで女王様が普通にグーで殴ってきたみたいな。そのうえで「痛い?」って訊いてくるみたいな。「え? 痛いは痛いですけど……こういう感じ!?」っていう。

2018年7月26日の日記

今日は、がんばるぞ! という気分になった。めずらしく。この場合のがんばるは睡眠時間を削るとか、実力以上を発揮するという意味ではなく、自分のできそうなことをできるだけやる、くらいの意味だ。耐えるとは違う。耐えるのはなんだろうが嫌だ…耐えている間も人生の一部だし、のちにいかに報われようとも耐えているその時間は純粋な損失になるから……。

2018年7月28日の日記

2018年7月29日の日記

連続ログインボーナスって制度が好きじゃないんですよね。というかユーザー側であの仕組みが好きな人っているんだろうか。

「ダイヤもらえた! 30日続けてログインしてよかった~」って、人間の心理的に思ったりしなくない? 可能性としてあるのは「昨日忘れてなければ30日連続だったのに…」といった「後悔」であって、達成感を生む仕組みではないと思う。

連続ログインボーナスというシステムは先の後悔をチラつかせることで継続を促す強制力でしかなく、どこまでも作り手側の都合で実装されている。

囚人が自発的に入ってくる檻のない刑務所。人間の自主性を奪い、焦燥感と義務感で追い立てて走らすランニングマシン。

それが連続ログインボーナス。


ウロマガを読むには


どっちかで読めます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すとランダムな褒め言葉が表示されます。

あなたならパンのほうからトングにはさまりに来てくれそう
49

品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)

株式会社バーグハンバーグバーグのライター。品田遊として、コルク所属の小説家。ほかいろいろやっています。

抜粋日記(無料)

有料定期購読マガジン「居酒屋のウーロン茶マガジン」「黒ウーロン茶マガジン」で毎日更新している日記から抜粋した記事を不定期で更新する無料マガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。