見出し画像

「いつかトラック走らせるぞ」2019年5月24日の日記

・冒頭から圧の高い画像で申し訳ないけど、初めて「播磨屋」のトラックを実際に目にした。

・播磨屋とは、知っている人は知っているおかき屋で、代表取締役の思想が濃い。「天皇よ地球を救え」とか「このままでは地球の堪忍袋の緒が切れてしまうぞ」とか書いてある巨大トラックを何列も引き連れて走り回るというキャンペーンを頻繁に行っている。

この続きをみるには

この続き:1,251文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
週に最低1回、月に4回は更新されますが、実質的にはほぼ毎日更新です。1000文字程度のコラムにくわえて、日記などを読むことができます。

居酒屋の割高なウーロン茶1杯ぶんの価格で、週に最低1回は品田遊のコラムと日記が掲載されます。居酒屋の割高なウーロン茶よりは価格に納得感...

実質的にはほぼ毎日更新です。1000文字程度のコラムにくわえて、日記などを読むことができます。ちょっと真面目な話とかも読めます。

居酒屋の黒ウーロン茶1杯ぶんの価格で、週に1回は品田遊のコラムや日記などが読めます。さらに過去の有料記事を読めます。たまに黒限定の記事...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すとランダムな褒め言葉が表示されます。

あなたならパンのほうからトングにはさまりに来てくれそう
102

品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)

株式会社バーグハンバーグバーグのライター。品田遊として、コルク所属の小説家。ほかいろいろやっています。

居酒屋の黒ウーロン茶マガジン

居酒屋の黒ウーロン茶1杯ぶんの価格で、週に1回は品田遊のコラムや日記などが読めます。さらに過去の有料記事を読めます。たまに黒限定の記事が上がりますが、たまにです。黒限定のDiscordチャットに参加できます。 居酒屋の割高で苦いだけなのに50円も高い黒ウーロン茶よりは価格に...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。