ダンス001

【モチーフ小説】にじむ汗と熱

身体を動かさない日があると、心の中まで鈍ってしまうような感じがした。
こんなところで立ち止まっているわけには行かないのに。
けれど、ときどき勝手に開かれる、余分な扉。
私を踊りに夢中にさせたのが環境ならば、私を男から遠ざけたのも環境だ。
なんだか、その事で損ばかりしている気がする。
実際には、そうでもないのかもしれないけれど。


情感が足りない、と講師はいった。
私の踊りには、情感が欠けている。
ほんとうにそうだろうか。私は訝しく思う。
それは、私には必要のない感情なのではないか?


そんなもの無くたって私はどこまでだって行ける。
そんなもの無くたって。


ある夜、私は恋をした。
その夜だけにときめいた。
目が覚めると恋人は姿を消していて、私だけを取り残して。
そんなことが何度かあって、こんな経験が私にメスを入れていく。
私が私になっていく。


曲の終盤。
フロアに滴る汗が、私の足を取った。
あやうく転びそうになる。おかしくなって、私は笑った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

宜しければシェアもお願いします!
5

だりあ

"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

ショートショートの館

これまでの僕の足跡。コンテストの応募作品は【各コンテスト参加作品】のノートに纏めています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。