見出し画像

光の射し方が数㎝ズレたり、音の入るタイミングが0.5秒でも遅れると不機嫌になるのが西野だ

 2018年8月1日 【ライブを作る】

どのライブを観に行っても、『演出』が本当に雑。

大きく2つ。
①余計なことをして、当たり前のことをしない

②配慮が圧倒的に足りていない

個人的には、「たぶん、コイツら、オナニーセックス(自分だけ気持ちが良い乱暴なセックス)しかしていないんだろうなぁ」という偏見まみれの結論に至っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ライブは、とっくに始まっている━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ライブは、ライブの数週間~数ヵ月前からとっくに始まっていて、当然、その時点でお客さんの心臓をワシ掴みにしておく。

なるべくなら、ライブの数週間~数ヵ月前から「共犯関係」を築いておく。
広告効果のないフライヤーを惰性で作るくらいなら、フライヤー制作費を美術費にまわした方がいい。
(広告効果のあるフライヤーなら作った方がいい)

「どこの予算を削って、どこに予算をかけるか?」も『演出』だ。
もっと言うと、予算の作り方も。

今回の『サーカス!』はOWNDAYSさんがスポンサーに入ってくださったんだけど、どうすればOWNDAYSさんが得をするかを真剣に考える。

『サーカス!』に来てくださったお客さんがOWNDAYSさんのファンになって帰ってくれたら最高だ。
その時(「ファンになってもらう」をゴールにした時に)、スポンサーさんの露出の度合いが非常に大切で、控えすぎてもダメだし、出すぎてもダメ。

スポンサーさんには必ず得をしてもらって、徹底的にWIN-WINの関係を築いて、次に繋げる。

明日(もう今日か…)の『サーカス!』のオープニング映像が、とても良い出来だ。

『OWNDAYS presents…』の文字の入り方が上品で、単純に「OWNDAYSカッケ~な」となる。
あれぐらいがイイ。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
戦えるサロンメンバーを作る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕が舵をとるライブは、主には、僕が(日比谷公会堂or東京キネマクラブで)開催する『西野亮廣独演会』と、『サーカス!』と、3年に一度くらいのペースでやっている(気が向いた時にやっている)『テイラー・バートン』や『ピラミッドだぁ』といった演劇ぐらい。

いつも何百~何千というリクエストに応え続けるスタッフさんは大変そうだ。
光の射し方が数㎝ズレたり、音の入るタイミングが0.5秒でも遅れると不機嫌になるのが西野だ。
美術セットにも、やたらウルサイ。

こんなことを毎回やっていたら、僕や僕らの人生はライブだけで終わってしまう。
それはそれで色っぽいんだけれど、僕らは世界を獲りたい。
世界を獲ることにも時間を使いたい。
となってくると、僕が舵をとらなくても、僕と同じレベルか、それ以上のレベルでライブを作れる仲間を作っておく必要がある。

昨日、ボランティアで来てくれたサロンメンバーには(暑い中、本当にありがとうございます!)、リハーサルの時に「ライブの作り方をゼロ距離で見ておいた方がいいと思います」と声をかけ、客席に招いて、リハーサル風景を見ていただいた。

オンラインサロンの中でも限定ライブ配信していた、アレ。
昨日のボランティアスタッフさんや、限定ライブ配信を見たサロンメンバーの中から、「あぁ、なるほど。ライブって、こうやって作るのね」という人が、一人でも生まれてくれたら最高だ。

『演出』に必要なのは「知識」だけじゃない。
短時間に何百~何千という注文をする自分を受け止めてもらえる『関係』を築くことが、大切だ。
「お前が言うのなら、やるよ」と言ってもらえる関係。

その関係が築けていなかったら、ライブ作りの知識なんてゴミだ。
ロボットは介在しない。
エンターテイメントを作るのは、いつだって『人』と『人』だ。

サロンメンバーの中から『サーカス!』を作れる人が出てきたら最高だな。そうなったら、すぐに、『サーカス!』をあげる。
条件は一つで、「僕のまわりのスタッフを全員惚れさすこと」
やってみてください。
東大に入るよりかは難しいと思います。

【追伸】

これは今回のスポンサー云々と、まったく別件なんだけれど、OWNDAYS代表の田中さんの新刊(先に読ませていただきました)が、嫉妬するほど面白かったので、オススメしときます。

生き様も面白いし、文章能力がエグい。
これ、OWNDAYSさんがスポンサーになってくださったから、その御礼でオススメしているわけではなくて(そんなことをしたら僕が損をする)、マジで面白いからオススメしています。

買って読んでみて。
面白くなかったら、僕がお金を返すから。

【アマゾン】
『破天荒フェニックス』著・田中修治






 2018年8月2日 【貸し会議室】

オンラインサロンメンバーであれば格安で借りられる貸し会議室の進捗状況です。

今朝、五反田駅から徒歩3分、スナック『Candy』から徒歩7分の物件を見てきました。
三階建てのビルの三階で、61㎡、家賃は共益費込みで42万円です。

オンラインサロンの宣伝であったり、オンラインサロンメンバーの福利厚生的な意味合いなので、会議室のレンタル料で家賃を賄うことは考えておりません。

一方で、「サロンメンバーなら格安で借りられる(サロンメンバー外なら、少し高くなる)」という設計だと、下手をすると、人気スペースになってしまって「サロンメンバーが借りられない」ということも考えられるので、料金設定もろもろは、慎重に決めていきたいてす。

「会議ができる」は大前提で、スナック『Candy』や、昨日の『サーカス!』のように、絵本の世界観にしようと考えています。2~3部屋ぐらい作れると思います。

この物件どうっすかね?
皆さんの反応が良ければ、今、決めます。





☆入会リンク☆

暗いニュースはもう飽きた。明るい未来の話を聞きたい!
『西野亮廣エンタメ研究所』入会ページはこちら↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

優しい!
10

吉田まさと

一年前の西野エンタメ研究所の記事をアップしています。入会はこちら↓ https://salon.otogimachi.jp/salons/view/1hc1srjr-johu-o7eg-33xn-r8u88p2slizf
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。