1-3. 動作と演出

この項目では特にエレクトラとオレストの再会から終局に至るまでの演出を取り上げ、第3章における考察につなげていきたい。というのもこの部分の演出こそ留学中の筆者に衝撃を与え、この論文の執筆を決意させたものだからである。エーラトの演出は、過去に多くの演出家によって上演されてきた『エレクトラ』の歴史に一石を投じるものであり、彼のオリジナリティはこの部分に凝縮されていると筆者は考えている。ここではできる限り

もっとみる

対談動画:演技の引き出しの使いかた

ドラマ/映画の演出家として活躍中の千村利光監督と対談しました。

テーマは「演技の引き出し」。

千村監督が演出サイドの視点から、小林でびが俳優サイドの視点で
「演技の引き出しってよく言われるけど、それって要するに何なのか?」から「演出家が俳優の演技の引き出しを活用する方法」について・・・企業秘密ギリギリOUTの内容でディスカッションしてます(笑)。

【『演技の引き出しの使い方【演出編】』お芝居

もっとみる

1-2. 音楽と演出

a.) 心臓の鼓動

 この作品を音楽的側面から見てまず特徴的なのは、冒頭部分、心臓の鼓動音に合わせて幕を上げるという演出がなされている点だ。

 観客は暗転した空間の中でまず始めにこの鼓動音を聴くことになる。この音が響く中ゆっくりと幕が上がり、私たちは床面の蛍光灯のみに照らされた薄暗い舞台の上に佇む患者たちを目にするのである。
 指揮者がすっと手を上げる。
 舞台手前側に座り込んでいた患者の一人

もっとみる

【レモネードスリーパー( )の真理note!!】

(1)

マッコイ斎藤さんの演出するテレビ番組は、深夜番組みたいに「30分」という枠で放送して、その構造の中で遊んだ方が、面白いと感じる。「1時間~2時間」とかの枠だと内容に少し飽きが出る。深夜番組的な枠の番組がニーズだと思う。

サンキューベリーマッチ!!(ペポカボチャを摂取して効果を実感しつつ!)
6

自立の子

作為なく意図を持って出会ったものや人たちを出会ったとおりにつないで映し出すのが、ドキュメンタリー映画でしょうか。

編集しだい、とりあげかた次第では、現実の姿が歪められて鑑賞者に伝わってしまうかもしれません。自然に伝えるための「作為」が、そこにはひょっとしたらあるのかもしれません。映画はつくられるものですから、時間軸が一方通行に流れる現実とはやや違います。

視点も、視覚を持つ者の数だけあ

もっとみる

光の射し方が数㎝ズレたり、音の入るタイミングが0.5秒でも遅れると不機嫌になるのが西野だ

2018年8月1日 【ライブを作る】

どのライブを観に行っても、『演出』が本当に雑。


大きく2つ。
①余計なことをして、当たり前のことをしない


②配慮が圧倒的に足りていない

個人的には、「たぶん、コイツら、オナニーセックス(自分だけ気持ちが良い乱暴なセックス)しかしていないんだろうなぁ」という偏見まみれの結論に至っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ライブは、とっく

もっとみる

わたしが誰かなんてどうだっていい(i know who you are) -20190727Beautiful World

台風が三重県に上陸し、6時のアラームを盛大に無視して7時を過ぎて飛び起きて、新幹線の中で化粧をして、山手線から新宿で中央線に乗り換えて降り立った地、阿佐ヶ谷。高円寺駅に電車が停まったとき、かつて大学を卒業する直前のあの1月のことを思った。社会人になる手前これがきっと最後のチャンスなんだと思い、勇気を出して自分の脚本を選んでくれた女子校演劇部の上演を観に行った、自分の脚本が自分以外の人に演出された舞

もっとみる

1-1.  舞台と演出

舞台装置はカトリーン・コナン(Katrin Connan)、衣装はビルギット・ウェンチュ(Birgit Wentsch)によるものである。
 彼女たちは2010年グラーツ『ルル』でエーラト演出に携わっており 、それが今回の『エレクトラ』での起用にも繋がったと思われる。

a.) 舞台装置

 舞台は上手、下手、そして奥側という三方の床面を蛍光灯で縁取られ、上部からは厚手のビニール幕が垂れ下がってい

もっとみる

第1章 2012グラーツ『エレクトラ』

本論の主題となる2012グラーツオペラ『エレクトラ』(以下2012グラーツ『エレクトラ』とする)の内容に踏み込んでいく前に、まずは演出家ヨハネス・エーラト(Johannes Erath)氏の経歴について簡単に触れておきたい。

  彼は演出家としてのキャリアをスタートさせる以前、ウィーン・フォルクスオーパオーケストラにおいてヴァイオリン奏者として活動しており、その後ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

もっとみる

映画 ドラゴンクエスト ユアストーリー 感想&興行収入予測

昨日、公開初日に注目作、ドラゴンクエストユアストーリーを鑑賞して来ました。

客層はまさにドラクエ5世代でした笑

中高生というよりもドラクエ5世代で満たされていた映画館

天気の子とは違う客層を観察するのも映画上映前の密かな楽しみの一つです。

もちろん若い人たちもいましたよ。

という事で今回も

ネタバレあり!の感想記述と興行収入予測を行なって行きたいと思います。

ネタバレが嫌な方は絶対に

もっとみる