彼が決めた事だから・・・

ニュージーランドでは、

本当に主体性を大切にしています。

クラブのある選手が、

シーズン終わりになって、

「もうラグビーをしたくない」と

言ってやめてしまいました。

多くの選手が

彼がいなくなっている事を知らず

「あいつはどこにいった?」と

そして、

私が、

コーチから聞いたんだんけど・・・

「彼がいなくなった理由は・・・」

と彼らに伝えると・・・

彼らは決まって

「仕方ない、彼の人生だ。」

「彼が選んだ道だから」

「彼が決めた事だから」

彼の意思を尊重する必要があると・・・

これだけ、

好きな事を重視する彼らは、

好きな事に対する情熱は一味違います。

ラグビーの練習も、

本当に好きで練習に来ているため、

ハードな練習であっても本気で楽しみます。

ただ、好きなはけではありません。

もちろん、

彼らは他に好きな事や

大切なことがあります。

それらを犠牲にして

練習に来ていると言う事に

自覚と責任があります。


自分で決めたことだから、

犠牲を払ったと自覚と責任があるから

同じ時間で人の倍成長することができる。


最後に告知です。

スクラムハーフ塾始めました。

また、you tube が以下になります。

スクラムハーフのドリルを動画を作りました。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Daisuke Matsuura

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。