見出し画像

新規国内投資|Hubble

昨日TechCunch Japanの記事で初公表された通り、弊社DNX Venturesは、契約書を中心とした法務書類のバージョン管理サービス「Hubble」を展開する株式会社Hubbleへ投資を実行致しましたことをご報告致します。本ラウンドへは、Archetype Ventures、マネーフォワード、ベンチャーユナイテッドと共に投資しました。本出資は、弊社のSaaSシード枠(3号ファンドの一部をシード投資予算として振り分けています)からの投資となります。
>> TechCrunch Japan「Wordで作った契約書のバージョン管理を自動化する「Hubble」が1.5億円を調達」

Hubbleって?

Hubbleは、法務書類のバージョン管理サービスを展開するスタートアップ。法務書類/契約書を作成する際のバージョン管理(履歴管理)やコミュニケーションを円滑にするSaaSプロダクトを提供しています。作成したWordファイルの履歴を自動的に整理・管理し、変更点(差分)を自動で抽出、変更点をたどったり過去のバージョンに立ち戻ることができる仕組みです。書類は、これまで通りWordで作成すればよく、Hubbleへ一度アップロードしたあとは、Word上で変更のたびに保存すれば、自動で変更履歴が蓄積され、バージョン管理を行うことができます。

今年1月から販売をスタートし、まだ年月が浅いにも関わらず、すでにエンタープライズ企業、ITベンチャーやスタートアップ、弁護士事務所にサービスを提供しています。また、契約書の管理だけでなく、就業規則のほかIR用の資料や株主総会用の書類など利用の幅も広がっています。


採用強化

今回調達した資金は、さらなる成長のためチームメンバーの採用に充てることとしています。また、今月スマホへの展開も実現。より使いやすいプロダクトを目指し、開発も進めています。

さっそくWantedlyでは同社の採用募集もスタートしていますので、ぜひご興味ある方はご覧ください。

>> 「カスタマーサクセスチームの立ち上げをするので、責任者として参画して欲しい!」
>> 「Hubbleのマーケティング責任者、募集!」
>> 「Hubbleの心臓部分!事業をグロースさせるインサイドセールス募集!」
>> 「メディア多数露出!注目のリーガルテックベンチャーでサーバーサイド募集!」


弁護士であるCLO(Chief Legal Officer)もセールスに立ち、その経験・ユーザー視点を高い技術力でプロダクトに実現するチーム。弊社DNXにとっては初の“リーガルテック”ですが、培ってきたSaaSの知見をもとに、同社の活躍をサポートしていきたいと思います。


(文・上野なつみ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!
2

DNX Ventures

DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。 | https://dnx.vc/jp | https://www.facebook.com/dnxventures/

DNX 新規投資のお知らせ

DNX Venturesの新規投資に関するお知らせをこちらのマガジンにアーカイブしていきます。将来的には、DNXがどのようなスアートアップに投資しているか、これらの投資先からみなさんにおわかりいただけたら嬉しいなと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。