リーガルテック

弁護士向けリーガルテックハッカソンへの参加の仕方

この前リーガルテックハッカソン(https://japanlawtechsoar.com/ja/)に参加した際に感じた,どういったことを準備すればいいのか,本番の最中にどういった形で行動すればいいのかをまとめたものです。
 リーガルテックに興味のある弁護士は多いと思いますし,自分でこういったプロダクトがあればいいのにって思う人もいると思います。ただ,ハッカソンに出たことがある弁護士の人ってそこまで

もっとみる

株式会社Hubbleが対外交渉機能β版をリリース

法務ドキュメント特化型クラウドサービスを提供する株式会社Hubble(本社:東京都渋谷区代表取締役:早川晋平)は、2019年11月12日(火)に「対外交渉機能」のβ版をリリースいたしました。
     

□対外交渉機能とは

これまでHubbleが提供してきたのは、「組織内における」法務ドキュメントのプラットフォームをメインとしたサービスでした。
Hubbleを利用することで自社の法務ドキュメン

もっとみる

「AI vs 弁理士」のイベントをしました。開発の裏側も。

2019年10月10日に渋谷東京カルチャーカルチャーで、「AI vs 弁理士」のイベントをしました。
当日は、130名を超える来場者の方にお越しいただき、とても賑わいました。

イベントを始めた経緯

2019年の年始のブログで、「AI vs 弁理士 」のイベントやりたいなあと書いたところ、クラウドサインの橘さんから「一緒にしませんか?」とお声掛けいただき、実際に動き出すことになりました。
この一

もっとみる

note 始めました。

今更ながらnoteを始めて見ました。

まずは、自己紹介

名前:大谷 恵太郎 ※1980年9月26日生まれ

既婚。※下の添付画像の通り、4人の男子の父です。

仕事について・・・・・

企業間の電子商取引(プラットフォーム)を提供するインフォマートって

会社の営業企画部に属しています。

株式会社インフォマート

https://www.infomart.co.jp/

※私の記事

not

もっとみる

新規国内投資|Hubble

昨日TechCunch Japanの記事で初公表された通り、弊社DNX Venturesは、契約書を中心とした法務書類のバージョン管理サービス「Hubble」を展開する株式会社Hubbleへ投資を実行致しましたことをご報告致します。本ラウンドへは、Archetype Ventures、マネーフォワード、ベンチャーユナイテッドと共に投資しました。本出資は、弊社のSaaSシード枠(3号ファンドの一部を

もっとみる
他の記事もぜひ!
2

【MEMO】「報酬トラブル弁護士費用保険」はフリーランスにとって本当に必要なのか?

報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』提供開始 ~STOP未払い!7割が報酬未払い経験有、4割が泣き寝入り | フリパラ https://blog.freelance-jp.org/20190816-5089/

この記事を読んで…
私は15年くらいフリーの仕事しているのですが、未払いの経験が全くないので、この記事で「7割が報酬未払い経験有、4割が泣き寝入り」というのを読んで、ものすごく驚きまし

もっとみる
圧倒的感謝っ…!!書いてほしい記事のリクエストあればコメント欄に!
4

中国リーガルテック【1分で流し読み】

RPA関連の企業の資金調達が中国では相次いでいる。

「法天使(北京)科技有限公司(Fatianshi(Beijing)Technology Co., Ltd)」傘下の弁護士向けオンラインリーガルサービスプラットフォームの「法天使(Fatianshi)」が、シリーズAで「深圳前海京信供銷基金管理有限公司(BJITIC & CO-OP FUND)」から資金を調達した。資金は主に、法律、法務文書等のデ

もっとみる

本人訴訟で未払い残業代を請求する(29)-「固定残業代制」で残業代をごまかされるな!

前回のコラムでは、会社(雇い主)による「裁量労働制」の悪用に対抗するポイントについて解説しました。今回は、やはり、悪用されてしまえば、未払い残業代が発生する恐れのある「固定残業代制」について述べたいと思います。

「固定残業代」とは、読んで字の通り、あらかじめ固定額として設定された残業代です。労働基準法上の規定がある「裁量労働制」とはちがって、「固定残業代制」には法律上の定めがありません。なので、

もっとみる
次はあなたの番です。
1

本人訴訟で未払い残業代を請求する(28)-「裁量労働制」で残業代をごまかされるな!

未払い残業代を請求された会社(雇い主)が労働審判や民事訴訟で「あなたとは労働契約を結んでいるわけではないので、あなたは従業員じゃない」、「あなたは課長なので、あなたは管理監督者だ」と主張してくることがあります。ともに、未払い残業代を請求された会社がその支払いを免れるための戦術。それぞれの反論ポイントは、前々回のコラムでは「労働者性」、前回のコラムでは「管理監督者性」について解説しましたので、そちら

もっとみる
やるか、やられるか、2つにひとつ。
4

本人訴訟で未払い残業代を請求する(26)-「労働者」じゃなければ残業代は支給されない!

労働審判手続申立書の次は証拠説明書の解説に入りたいと思いますが、切りが良いので、ここで、いくつか大切な用語について説明をしておきたいと思います。今回は「労働者性」についてです。

「労働者性」とは、「法的に労働者として捉えられるための適格性」くらいの意味に考えてください。

私は、このコラムシリーズの第一回で、「労働者なら、法律で定められた一日の労働時間は8時間。8時間を超えて仕事をすると、それは

もっとみる
やっつけちゃえ!!!
1