森は素敵だ!! 歌ノ葉 其の28

久しき森に入らんや 生に浸れる空を感じて
出迎える赤に惹かれつつ 見つめる先を知ることもなし
深森を恐れることなきてふてふひとり ひらりひらりとゆらりゆらりと
闇にわずかな光をもちつづける君は繊細をしる
君堕ちてなお惹かれる吾の心の楽しき
陽のあたるやつ陰るやつ ただうたかたの僥倖
光になったヤツを追うことなく 唯我独尊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

毒多

心象 my Album

その時々の心象を記録
1つのマガジンに含まれています

コメント6件

お褒めの言葉ありがというございます。^^
それにしても、、盛り上がっている、、、のかなぁ?笑
歌の葉。
よいものが浮かんできましたね。
きっといいものに育っていくと思います。
焦点を合わせるというのかなぁ?

〈過剰〉が名を与えられることによって、自ずから形を整えていく。
そういうことってよくあるし、大切なことだと思うんです。
最近写真を撮りながらおもうことは識りたいことは「焦点」のむこう(手前)にあるのかも。ということ。どこかで「整いたくない」と感じているのかもしれないか、〈過剰〉という言葉の意味が分かってないのかもしれません。

二人に「歌ノ葉」じゃなくて「歌の葉」と書かれたなぁ、そっちのが入っていきやすいのかな?
最初は「歌ノ葉」か「歌之葉」か迷ったんだけど、、、、笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。