見出し画像

生活のたのしみ展

4月17日(水)

仕事が早く終わったので、東京駅へ「生活のたのしみ展」に行ってきた。

どこのブースに行っても、綿100%が似合いそうなナチュラル系の店員さんやお客さんばかり。

・たくさん歩けそうな皮の靴
・睡眠の質が上がりそうな1万円超えのパジャマ
・生地が分厚くて丈夫そうなTシャツ
・自然の香りがするブレンド茶

その中で一つ目にとまったものがある。

「おちつけ」掛け軸…?

一度はブースに入るのを躊躇して通り過ぎ、復路で少し立ち寄った。

糸井重里さんの

「『おちつけ』って書かれた額とか、お守りがあったらいいと思うんだよね」

というアイデアが形になったらしい。

中学生の頃、剣道部の顧問の先生が卒業する私たちに1人ずつ四文字熟語を送ってくれたのを思い出す。

私に送られた言葉は「猪突猛進」だった。

家に帰って家族に話すと、

「それって褒められたと?」

と言われ、褒め言葉じゃないんだとがっかりした。

「おちつけ」掛け軸
「おちつけ」バッチ
「おちつけ」キーホルダー

どれも買わなかったけど、目についてしまったのは、まだあのときの「猪突猛進」を気にしているからだなと思った。

#生活のたのしみ展 #おちつけ掛け軸

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい
6

和音

高校教師から大学職員を経てSEへ転職。双子の妹。週1回で合唱。毎日の感じたこと、考えたこと、思い出したこと。

ほぼ日な人たち。

スタッフでお手伝いをした、『第4回 生活のたのしみ展』後から、ほぼ日的な人たちのことを集めています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。