忘られぬひとことを、忘れる

いまでもたまに思い出す一言がある。
言われたのはもう、何年も前のこと。

言った本人はきっと、私が何年も後に思い出すなんて考えもせずに言い放ったのだろうけど。

その言葉は、気付かぬうちに私の柔らかい胸にさっくりと刺さっているくいのようで、もはや私の身体と一体になっているようだ。

思い出すためのきっかけは何なのか、私にはわからない。でも自然発生的に思い出す。

新宿駅構内で、麻布の和食屋で、学会へ向かう新幹線の中で、真夜中の病院で酔っ払いの頭を縫いながら、思い出す。

そのたびに、心に雨が降る。音の無い、霧のような雨。

いつかそれを忘れたいと思う。思うよ。でもそのくいを抜くと、抜いたあとにぽっかりと穴が空くような気もする。そんな穴ができたら困るから、抜かないでもまあいいかなと思ってきた。

言った本人も、とうの昔に忘れてるに違いない。もしかすると、私のことも忘れているかもしれない。

結婚をした。

結婚をしたら、過去の恋の足跡は全て消えるものだと思っていた。
でも当たり前だけど、そんなことはない。私という人間の時間は、ずっと続いているのだ。これまでのことすべての積み重ね(あるいは擦り減らし)がいまの私なのだ。そして過積載のトラックのように、多過ぎる積み荷を抱えてよたよたと進むしかないのだ。

トラックをもし、目的地までスムーズに行かせたいのなら。
これも当たり前。積み荷を降ろすのだ。積み荷を。

そう思いが至った私は、忘れることにした。あの忘られぬひとこと。


「あなたはきっと、幸せになれない」



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

42

cakes連載記事、あそこには書けない週刊ウラ話

cakesで毎週金曜の連載「それでも僕は、外科医をやめない」のウラ話や続きを書いています。ここだけでもお楽しみ戴けます。

コメント4件

note、お久しぶりです!私は同性から、同じ様な言葉の呪いをもらった事がありました、30年前の思春期のすれ違いで。どちらにも非があり、私もいくじなかった面もあるけど、100悪くはなかった…それでもやっぱり、幸せになれないという言葉はずっと、引っかかっていたと思います。もう同じ様に人を傷付けちゃいけない、と気にしていました。ところが、今年に入って、間に人を介してSNSから30年ぶりに復縁したんです。1度目は直接でスルーしたのですが、相手もずっと気にしていて、謝りたいと…それ以来、適度な距離感で、時々やり取りをしています。同性か否かで、復縁云々は変わりますが、相手も「水に流して」と願っていたかもしれませんね?
だいぶ傷ついたんですね…
良くも悪くも人は変わる、変われる。
う、きついですね。 私はかつて自分で自分に言っていたように思います。私はたぶん、幸せになれない。私も忘れてます!今は。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。