雨月メッツェンバウム次郎

うげつ、ミドサー外科医。cakes「それでも僕は外科医をやめない」連載していました。恋や医者のおはなしを綴ります。

cakes連載、最後のウラ話

12月でcakes連載を終えた。

終えた理由はいくつかあるが、一番大きい理由は

「cakesの居心地が良くなってしまったから」

だ。かれこれ3年前から始めた私の連載「それでも僕は、外科医をやめない」。実は、連載を始めた時は8回くらいで打ち切りの予定だった。

それはそうだ。なんの実績もないただの医者だったので、連載が読まれるかどうかわからなかった。編集者さんもまさか3年続くとは思っていな

もっとみる

忘られぬひとことを、忘れる

いまでもたまに思い出す一言がある。
言われたのはもう、何年も前のこと。

言った本人はきっと、私が何年も後に思い出すなんて考えもせずに言い放ったのだろうけど。

その言葉は、気付かぬうちに私の柔らかい胸にさっくりと刺さっているくいのようで、もはや私の身体と一体になっているようだ。

思い出すためのきっかけは何なのか、私にはわからない。でも自然発生的に思い出す。

新宿駅構内で、麻布の和食屋で、学会

もっとみる

特別寄稿 こじ男子のバレンタイン攻略法

---この記事は投げ銭記事です---

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。昨日夕ご飯を二回食べたせいで、今日はお腹をこじらせています。

今回はバレンタイン特別寄稿として、「こじらせ男子目線のバレンタイン攻略法」をお届けいたします。

いきなりですが、男性の皆さんへ。

バレンタインは、男性から女性にプレゼントをしましょう。

付き合っている人も、片思いの人も、です。

その理

もっとみる

2017.1.6 cakesウラ話 今年の目標は「生きる」に決定

この記事は無料記事です---

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

ちょっと久しぶりになってしまいましたこのウラ話。今週のcakesにはこんなお話を。

2017年は素数の年。私たちは予測不可能な宇宙を生きている

タイトルに悩んだ結果、今回は珍しく編集者さんにつけてもらいました。なるほど、他者の目から見るとこういうタイトルがつくような本文だったのか。と妙に納得。

今回のcak

もっとみる

2016.12.16 cakesウラ話 「付き合う」の正体は

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今週のcakesはこんなお話でした。

「付き合うことの意味がわからない」と言い切った元外資系金融女子の話」

本文中に、出てくる元外資系の女性の「理想の付き合いってなんですか?」という疑問に私は真正面から答えたのですが、彼女はそれほど納得がいっていなかったよう。

それもそのはず、私は理想論を振りかざしたのみだったからです。なんというか、彼女

もっとみる

2016.12.9 cakesウラ話 幸せになる「仕事とお金」の話

---この記事は投げ銭記事です---

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

本日のcakesはこんなお話でした。

「億の借金を抱えた男と結婚する女性は、パーティーでにっこり笑った」

まあ一言で言えば、「大したものだな」ということになるのですが、それでもやっぱり直接こういう方にお会いすると、その凄みが肌で感じられました。今回のお話は、公開前に読んでチェックしてもらっている人から

もっとみる