見出し画像

DTPレッスン

DTPとは「デスクトップパブリッシング」の略。
一般的には「パソコンで印刷物(または原稿)を作る」ことをさします。
昔は印刷物を作るための「版組」など、とても大変な作業でしたが
Illustratorでできるようになってしまいました。

なので僕が生業としているチラシ作りも
Photoshopで写真を加工して、Illustratorで編集し、ネット印刷会社に
出稿して刷ってもらい、ポスティングしてもらう……
といった流れになっています。

そもそもこれだけネットが発達したんだから
紙の情報なんて「いらなくね」という議論もありますが
まぁそこは意見が分かれるところで、
確かにネット情報に置き換わる部分は少なくないと思います。

ただ、手渡しのチラシや検索してもらえなさそうな小さな新規店、
ちょっとしたサービスや商品を知ってもらうには
やはり紙媒体は相応の力を発揮します。

僕はチラシ屋さんとしてチラシ作りをする傍ら
Illustrator・Photoshopを教えています。
そのコンテンツをこのnoteに掲載していこうと思います。

ちょっとマニアックですがデザイナーになりたい方の
参考にでもなればなぁと思います。

よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます。これからも頑張って書かせていただきます
1

カトウ

こんにちは 加藤肇です 大阪でチラシ屋さん「江坂広告」をやっていて、同時に大阪の堺筋本町あたりでIllustrator・Photoshopを教えていたりもします。これから、ノートでしっかりコンテンツを作っていきますのでよろしくお願いします(*^^)v
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。