【経験談】社内勉強会をやってみよう【UIデザイン研修】

先月頭にStudio Optの ふうとさんの記事を参考に、社内勉強会を初めて開催してみました!
https://note.mu/fvt0/n/nfd6bf7cf5b51
https://note.mu/fvt0/n/n4319b530fbf7

勉強会開くのって結構考えること多かったなーと実感したので、今後に活かせるように備忘録として、「発端から進め方、良かった点、難しかった点」をまとめてみようと思います。

■ 発端

唐突にnoteで見つけた記事を共有しやってみたい発言
やってみよう!と後押しもあり開催決意

いざ募集したら一気にリアクションついて動揺 Σ(°□° )
(ここまで興味持ってもらえるとは思わなかった...w)
なんとエンジニアだけじゃなくてwebディレクターさん達も興味を示してくれて参戦!なんと弊社初業種混合勉強会に。

■ 流れ

最初はnote通りにやればいいかなと思ってたんですが

・AppStoreの「本日のアプリ」から気になったアプリを選ぶ【事前】
・使ってみて最低1ヶ所以上、デザイン的観点で考察したことを記述する【10分】
 (新鮮だった箇所、疑問に思った箇所、改善できそうな箇所etc)
・改善版UIをつくる(最低1画面でOK)【20分】
----- もくもく終了 -----
・シェアとフィードバック【27分】
・今日の気づき【3分】

でも皆の意見を見てたら私たちはこのレイヤーではないと思った
ので

第一回目のUIデザイン研修は
1つのアプリについて 良い点・悪い点・疑問点 を考察する会 をメインにやってみようと提案。

・AppStoreの「本日のアプリ」からアプリを選び、触っておく【事前】
----- もくもく開始 -----
・使ってみて最低1ヶ所以上、UI/UX観点で考察したことを記述する【10分】
 (素敵だなと思った点、あまり心地よくなかった点、疑問点etc)
・プレゼン用にみんなで意見をまとめてみる【20分】
 (もし余裕があるチームはUI改善案まで出してもらってもOK:ok_hand:)
----- もくもく終了 -----
・シェアとフィードバック【24分】
・今日の気づきを一言ずつ【6分】

↓ふうとさんが公開してたこんな感じのを作るのを目的にしてみました。

■ 今回考察したアプリ

■ チーム編成

チーム編成に関してはどうしたら良いか悩んでしまい、グロースハック部の先輩に相談したら、分けてくれました。
「年次とシステム脳 と そうでない脳 で分けたんだよね
 あとどうせなら、普段話さない人とやってもらいたいし。」ナルホド

〇システム開発部部長 (当日部長は多忙だったためここに新卒2年目の私がjoin)
★クリエイティブ課 デザイナー(新卒2年目)
▲システム開発部 アプリエンジニア(新卒3年目)
◆SEOの部署の人(最近転職してきた人らしい)

〇システム開発部 アプリエンジニア(入社してから長いし偉い人)
★システム開発部 バックエンドエンジニア(新卒1年目)
▲システム開発部 アプリデザイナー(ベンダーさん)
◆システム開発部 なんでもやさん(入社6年目?)

〇システム開発部 アプリエンジニア(最近転職してきた人)
★システム開発部 バックエンドエンジニア(新卒1年目)
▲次世代事業準備室 いろいろやれるディレクター(新卒4年目)
◆グロースハック部 開発の話も分かるディレクター(入社3年目?)

普段の業務は完全ウォーターフォールなので、なかなかこんなチーム弊社だと見れないですw

■ 用意するもの

・ペン
・付箋
・全チームのAPPが入ってるスマホ
↓こんな感じに発表時はみんなでアプリを触りながら聞いてました。

■ 良かった点

・多種多様な人たちが集められたので色んな視線を共有できた!
・最後に感想を一言ずつもらったりもしたけど、Googleフォームのアンケート用意できてたのがNice プレーだったと自画自賛w
 意見を今後にしっかり反映できそう!

■ 難しかった点

・(事前に考えてたつもりだったけど)どんな人が集まったのか、みんなのレベルを最初見れていなかったから、それぞれ想像していた内容のレイヤーがズレてしまっていた気がする
・細かい進行指示が出来ていなかった
時間配分
 ここかなり考えるの難しい
 時間内に終わらなかった
 動線を決めておくべきだったかも?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

thx:)
32

みーた

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。