中島 映介

過去に100以上の職業を経験。1人ダイバーシティー、カオスなミクスチャーライフを送る流れ者DJ研究員。週末はほぼ飲んだくれ。

新たな加工が始まる

人間は意識と四肢を用いて自然を加工し続けて来た。そして情報空間という「自然」を作り上げるに至った。

 次はその新たに出来上がった自然を、再び加工し始める時代が始まる。人間は、その歴史をもう一度はじめからやり直すことになるのだ。

偽物と本物

偽物はまれに大きく名を残すことがあるが、ほとんどの名は消える。

本物は目立つことは少ないが、必ず名を残す。

良い飲み屋

外国人が多く集まる飲み屋、常連で賑わう飲み屋が、良い飲み屋なのではない。コミュニケーションの障壁性が低く、かつ非コミュニケーションの許容性の高い飲み屋が、良い飲み屋なのだ。

「仕事がなくなる」ってありえなくね?

仕事の意味は「事(こと)に仕える」。

カネに必要以上に執着したり、上司や他人に盲目的に服従するのは「仕える事」で、仕事ではない。

価値があると信じて打ち込んだり、時を忘れて没頭する「事(こと)」が人にとっての仕事で、それは人それぞれ。

社会や産業、時代が変わっても、そうした「事」がある限り仕事は無くならない。

無くなるかもしれないのは収入源と会社や上司。収入源は新たに考えれば良いし、会社は

もっとみる

複業が当たり前の時代の副業のあり方 - 「小商い塾」

昨年2017年からニュースで「副業解禁」というキーワードを見かけることが多くなりました。

「副業解禁は企業のダイバーシティ推進のリトマス紙に?シニア社員の肩たたきか、企業の成長につなげられるか」Yahoo! Japan ニュース

「正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換」日本経済新聞

 「副業禁止」が当たり前の大手企業が続々と、社員の副業を推奨しているというのです。その理由とし

もっとみる