ガンガン間違えていくスタイル

間違える事を恐れて、チャレンジしない時より
まったくわからなくても、チャレンジして間違えた方がその後の理解が早いように思う。
チャレンジして間違えた時は、どこが間違っていたのかわかるけど
わからなくて、チャレンジもしなかった場合は、どこがわからなかったのかも、わからない。

みんなの前で間違える事は恥ずかしかったりするけど
恥ずかしいよりも
理解出来ないまま進む方が嫌なので、ガンガン間違えて行くるスタイルで、いこうと思います。

ようやくわからないところの質問が出来るようになってきた(前はどう質問していいかさえわからなかった。。)ので
少しずつ授業がクリエイティブになってきた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがと
17

中川 貴雄

留学の話

英語を話せるようになりたい。という気持ちからアメリカのシアトルに留学する事に決めました。 4月から7月までの3ヶ月間シアトルに滞在するので 日々の記録を綴っていくマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。