エカワ珈琲店版、珈琲入門【11】焙煎コーヒー豆の保存と粉砕

ひとたびコーヒー豆を焙煎すると、焙煎したコーヒー豆の新鮮な香りと味を保つために適切な保管が必要となります。

涼しくて乾燥していて、それにプラスして暗い場所にて、気密性の高い密閉容器に入れて保管するのが理想的です。

焙煎したコーヒー豆の風味・香味を劣化させる原因ですが、1番に空気、2番目が湿度、3番目が熱、そして、4番目が光という順番になっています。

コーヒー豆のグラインド(粉砕)は、コーヒーの淹れ方に影響を与える最初のステップだとされています。

コーヒー豆の挽き具合として、Coarse(コース/粗挽き)、Medium(ミディアム/中挽き)、Fine(ファイン/細挽き)、Extra fine(エキストラファイン/極細挽き)、Turkish(ターキッシュ/パウダー状態)の5段階が知られています。しかし、エカワ珈琲店にとって重要なのは、「粗挽き」、「中挽き」、「細挽き」の三段階です。


この続きをみるには

この続き:6,282文字/画像4枚

エカワ珈琲店版、珈琲入門【11】焙煎コーヒー豆の保存と粉砕

ekawacoffee

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ekawacoffee

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。