「ニンジャ収穫祭」でした

去る10月8日は、東京ビッグサイトの「COMIC CITY SPARK 12」内ニンジャスレイヤープチオンリー「ニンジャ収穫祭」(忍穫)でした。改めまして、当サークルにお立ち寄りいただいたみなさまありがとうございました!SPARKサークル参加、一般参加の方々もお疲れさまでした。

ニンジャヘッズ主導によるオンリー即売会という体では、私の知る限り「ニンジャ文化祭」から数えて5回目、大規模即売会内のプチオンリーという形式では初めての試みでした。大成功でしたね。そもそもの発端は、去年10月9日の「ニンジャ万博・ザ・ファイナル」の終了直後のぴんこ=サンの鶴の一声でした。あれから一年…早かったなあ。

サークル参加者側としては、コミケやほかの即売会と同じ要領で気楽に参加できたのもよかった。個人的には8月に夏コミに出たばかりなのでなおさら。

ただ、ニンジャ収穫祭は参加サークルが40超!昨今のコミケのニンジャ島界隈が概ね10サークル前後で推移していることを踏まえると、圧倒的な濃度のニンジャアトモスフィアです。全国のヘッズが丹精込めて育てた、採れたてのウスイホンがたくさん収穫できました。

収穫物の一例

今回の頒布物について

当サークル「鏡像フーガ」としては、夏コミ新刊『BEAT/TECH[美的] 2048年8月号』の再販と、J0SHUA=サンの新刊エーリアス小説本『ザ・ハート・オブ・サマー』の委託販売を行いました。本当は忍穫合わせの新刊を用意したかったけど、単純に準備期間内にネタが出揃わなかったのと、夏コミ本をまだまだプッシュしたかったので…。たくさんの方に手にとっていただけてうれしかったです。

エリチャンの本については、8月末に表紙&挿絵について打診をいただいて、1ヶ月くらいやりとりしながら完成しました。J0SHUAさんの小説、これTogetterで全文公開されているので読んでいただけると分かるんですけど、原作ニンジャスレイヤー同様に文章が映像的で、ウキヨエがイメージしやすいのです。なので、わりと悩まずに描けました。オマツリだよ!おもしろいよ!

「ザ・ハート・オブ・サマー」 - Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1158018

あとは無料配布のペーパーですね。忍穫ペーパーラリーの抽選会参加しました?私は3等のナラクシールが当たりました。ペーパーバッグには兎=サン作のナンシーとユカノのハンコをぺたぺた押しました。

Webサイト制作のお手伝いとして

それと今回「ニンジャ収穫祭」へは、告知用Webサイト制作担当として裏方でボランティア参加していました。Twitterアカウントやフォーム問い合わせ対応を除く、サイトの制作と更新のところだけ。

ninkaku.comのドメインはイベントの名前が決まった去年の10月に速攻で押さえました。なによりトーナメント形式の投票で決まった「ニンジャ収穫祭」ってタイトルがいいですよね。「文化祭」「万博」ときて「収穫祭」…。略称の収まりの良さ(忍殺と韻を踏んでいる)とかもいいと思います。

おかげさまでたくさんのサークルさまにご参加いただけて、一番肝心な「サークルリスト」のページが情報として充実しました。ロアー=サンのカワイイなニンジャの存在感もあって、オマツリらしいわいわいと賑やかな感じが出せていて、なおかつ見やすくまとまっていればうれしいです。

もし、「ここがこうなっていれば良かった」など、Webサイトの改善につながるアイデアがありましたら、遠慮なく#忍穫 タグに投げてください。

そう…早くも次回が決まっているのですよね。「ニンジャ収穫祭in関西」!こちらも引き続き、サイト制作でお手伝いをさせていただくことになっています。ninkaku.comのチェックを引き続きよろしくお願いいたします。

忍穫が終わって

それにしても忍穫良かった。物理でひとつのところに集まってニンジャ二次創作を持ち寄る機会、やっぱり一年に一度はほしいです。忍穫で初めて本作りましたとか、サークル参加しましたみたいな方もちらほらいて、ニンジャには不思議とそうさせるパワーがありますよねみたいなことを(いつもながらに)思いました。なんといっても、原作「ニンジャスレイヤー」の世界とキャラクター、それらが紡ぐ物語の豊かさ。ボンド&モーゼズ氏およびダイハードテイルズの方々のDIYに寛容なアティチュードのおかげです。

即売会は主宰にかかる時間的経済的負担がめちゃめちゃ多くて、それは今回のプチオンリーのような即売会内イベントでも当然そうで、企画の最初からスゴイリーダーシップできびきび進めてこられたぴんこ=サンには本当にお世話になりました。ご苦労さまでした!

今回買ったウスイホンについては、追々じっくり読ませていただいて、Twitterの#忍穫ウスイホン感想 タグに投げていこうと思います。すでにたくさんの熱いレビューが寄せられていてスゴイ。

次回の物理ヘッズイベントは、11月18日(土)の「HMC5―踊るニンジャ学会―」@秋葉原MOGRAですね。それが終わったら冬コミ、新しいアンソロ企画などもあちこちで立ち上がり始めているようです。

引き続き、日々楽しくニンジャを読みながら、有り余るなんかは二次創作としてアウトプットしていければと思います。カラテあるのみ!

スタッフ打ち上げは、シオドメスゴイタカイビル46階で
眼下にツキジ・ダンジョンの夜景を見ながら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

\ドーモアリガト!/
14

R-9

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。