f_kagami キャリア支援×学び場作り

キャリア支援×学び場作り×余暇の研究 学びを楽しみ、余暇を楽しむ

愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ?

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」 

どこかで聞いたことがある言葉ではないでしょうか。オットー・フォン・ビスマルクさんという方が残した名言です。

人によって解釈の違いはあると思いますが、自分の経験から学ぶだけではなく、他人の経験から学ぶことの大切さを教えてくれる言葉だと言われていますね。

人は何から学ぶのか…。

私は社会人の「学びの場」の企画や運営をさせていただいています。毎回、

もっとみる

抽象化トレーニングをやってみたら、想像以上の効果だった。

様々な企業の課題や社会人のキャリアの課題を見てきた中でよく出くわすもの。

「ズレ」

全く見当外れや方向が違うようなズレはほぼない。往々にして「縦方向」にズレているのだ。

同じ目的で頑張っているのに、なぜか噛み合わないんですよね…。

言っていることは分かるけど理想論に聞こえるし、現場感ないなぁ…。

現場は視野が狭い。もっと全体感を捉えて欲しいんだけどな…。

これらは本当に

もっとみる

学び方を学んでみた。

「学びたい」と思っている人は多いようです。

「民間企業で働く大学生に聞く、その会社を選んだ理由は?」というアンケート調査によると…。

「自らの成長が期待できる」(47.1%)と答えた人が最も多いそうです。

http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1902/01/news087.html

でも、実際に「学びが好きですか?」と問いかけるとハッキリとうん

もっとみる

越境体験を楽しむために。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」

これは『アイデアのつくり方』という著書で提示されたアイデアの定義だそうです。私はこれを聞いたときスッと肩の力が抜けた感じがしました。この言葉を聞くまではどこか無理をしていたり、常に逆を行こう逆を行こうと変なモノの見方をしていたように思います。

斬新なアイデアじゃなくてもいいんだ!
世の中にある面白いアイデアも分解すると既存の

もっとみる

学びと遊びの境界線。

「勉強」と聞くとあまり面白いイメージはないですよね。「勉強しなくちゃ」とか「勉強をさせられる」とか、義務や強制のイメージがどうしてもつきまとうものです。

一方で「学び」とか「学習」というとちょっと柔らかな印象に変わりませんか?

実際に調べてみると同じような言葉ですが、意味や使われ方が違うんですよね。

「勉強」には字のごとく「学ぼうと努力すること、勉め強いること」といった強制感があります

もっとみる

お手軽な趣味の世界 〜低山歩き〜

オフ(余暇)が充実している人ってイキイキしていませんか? 社会人のキャリア支援(オンの支援)をしてきた中で、オンだけでは幸福じゃないのかも…と感じるようになってきました。

実際、オフが充実している人ってどんなオフを過ごしているんだろう? そう思っていろいろな人に話を聞いてみたところ、大きく2つの過ごし方が見えてきました。

・好きな人と楽しむオフ
・好きなことで楽しむオフ

まぁ、当たり前

もっとみる