深津 貴之 (fladdict)

piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。
固定されたノート

サービスは荒野に旗を立てるがごとく

サービスを生み出し、集客し、成長させていくとき、皆さんはどんなことをから考えますか? 

自分は、一番最初に「荒野に旗を立てる絵」をイメージします。そういうメタファーを起点に考え始める。

まず、何もない荒野に一本の旗を立てる。その旗にどんな紋章を描くのか、聖句を刻むのか、そんなところからはじめます。そして、以下のようなイメージでサービスの道筋を考えます。

1. 荒野がある

最初の状態。まだ何

もっとみる
やったー(お返事がランダムに出せるようになりました)
819

ウェブの、通知メッセージがちょっとスッキリして、読みやすくなりました!

わーい(お返事がランダムに出せるようになりました)
73

モノ作りから学べる、人生を通じて応用がききそうなこと

色んなものを作って遊んで、人生で普遍的に応用がききそうだなぁと思ったことまとめ。

最近はデザインの応用として、デザイン思考やデザイン経営なんてももてはやされてるけど、一番大事なのは、「ものを作る肌感覚、実感」を持てるかだと思う。

とりあえず口に突っ込もう

口に合うかどうかを見定めるには、口に突っ込むのが手っ取り早い。人生で一番最初に出会ったものが、あなたにベストマッチしている確率はとても低い

もっとみる
わーい(お返事がランダムに出せるようになりました)
928

「欲望のオブジェ」 要約  2章: 最初の工業デザイナー

「欲望のオブジェ」を紹介し、なんとかKindle化してもらうための、布教活動その2。

第二章は、産業の必要性が工業デザイナーを生み出すまでを論じる。

産業におけるデザインの仕事は、「生産工程の事情」と「顧客の嗜好」を両立させることだった。初期の工業製品の形態や表現は、「大量生産性」を進化圧として受けながら、変遷していく。

第2章:最初の工業デザイナー

商業製品としてのウェッジウッドは、利益

もっとみる
嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
71

「欲望のオブジェ」要約  1章: 進歩のイメージ

影響を受けたデザインの本、オススメのデザインの本は何かと聞かれた時、エイドリアン・フォーティの「欲望のオブジェ―デザインと社会 1750‐1980」という本をあげている。

しかし、残念ながら、この本は現在は絶版なのだ(前に紹介したら、3000円が30000円に跳ね上がった)。

「欲望のオブジェ」は、エイドリアン・フォーティが、18世紀から20世紀の、デザイン史を「産業の視点から」まとめた本だ。

もっとみる
嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
185

楽しく読める!お金の基礎知識おすすめ本

年金とか投資とかに怯えず、この先生きのこるための基礎知識オススメ本。専門知識なしに読めるやつ集めました。恐怖や不安の根源は「知らないこと」。まずは知識を得ることが大事。知識があれば、無用な恐怖や不安は減り、すべき行動が見えてくる。

経済政策はお金を配ることも大事だけど、知識と教育を配ることが一番大事だと思う。以下、自分が読んだ中から、とっかかりとしてオススメできそうな本のまとめ。

普通に、上か

もっとみる
ありがとー(お返事がランダムに出せるようになりました)
724