タクシー内でのアド・ハラスメントとの戦い

仕事柄、タクシーをよく使うのだけれども、昨今のタクシーは飛行機のように座席にディスプレイが付いていてCMが流れる。このCMがわりとヒドイ。というか、かなりヒドイのだ。

なぜかタクシー内のCMは、パワハラや不安を煽るもの、仕事場や上司をこき下ろすものが多い。

黒人芸人を野人扱いしてたり、外見をネタにしたり、上司や先輩をバカにしたり、パワハラしたり…そんなCMがやたらと多い。TVのような倫理審査規程がないのか、わりとやりたい放題だ。

仕事の合間の移動時間に、気分をひたすらダウンさせるものが流れ続けるのは、地味に辛い。最近は問答無用で、オフにしてCMを一切みることを拒否している。それですが、毎回オフにするのが地味にしんどい。


個人的にこういうものを「アド・ハラスメント」と呼んでいるのだけど、最近このような広告が、公共空間に増えてきているように思える。

人間の脳は、不快や不安に強く反応する。だから、注目をとるために不安を使いたいという人々は、常に一定数現れる。でも、そのお金の稼ぎ方本当にいいの?と思うのだ。メディアから広告からあらゆる人が、不安、不快を強く押し出していくせいで、世の中がどんどんネガティブになってきているように思える。

普通にタクシーにのっているとき、仕事と仕事の合間にポジティヴな気分になりたいのだ。パワハラを延々と見させられても、その会社の商品を好きになったりしないし、タクシーの品格が下がるだけだと思う。タクシー体験をもうちょっとホッコリさせて欲しい。

セクハラ、パワハラ、モラハラなどの流れで、アドハラが問題になってくれるといいなぁと思いつつ…アドはメディアの収入源なんで、みんな社会問題にはしたくないだろうなぁ…それでも、社会をネガティヴにしてお金を稼いでも、世の中よくならないので、やっぱりポジティヴにビジネスをして欲しい。

アドハラお断りタグをつけてたら、そういう広告が流れないような社会設計が欲しいなぁと思う。そんなわけで、相対的に平和なCMを流すビズリーチの株が自分の中で上がるという、風が吹けば蝶々が台風的なカオス理論状態だ。

タクシー広告をポジティヴにする、良いアイデアあったらみんな教えてください。

たとえばこういうのが欲しい

たとえば「いまさら聞けないビジネス用語講座」が50パターンぐらいで流れる。そのあとに、経済を学ぶなら○○新聞!みたいな締めで終わるなど、そういうのが素敵です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

多謝(お返事がランダムに出せるようになりました)
418

深津 貴之 (fladdict)

piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。

まとめ更新中。投資論、ギャンブルカジノ、仮想通貨、株FX競馬

【随時追加中。スマホが千両箱に思えてきた】2017年からtwitterで活躍されている仮想通貨民の方々のnoteを集めていますぅ。2018年末からはオンラインカジノ民、競馬民、株FX民、宝くじtoto民の方々のnoteも集めはじめました。
10つ のマガジンに含まれています

コメント6件

おぎやはぎとボブ・サップが出てるマーケティングオートメーションツールのやつですかね?
深津さん、こんにちは。
私も最近久々にタクシーに乗って、ああこんなところにも広告が、と気づきました。
電車のトレインチャンネルなどはわりと、天気や豆知識のようなコンテンツと広告が融合してうまくいっているように思います。たしかコンテンツ広告としてパッケージで売られていたはずです。
自分も同じことを感じていました。
「HRブレイン」など人事系のサービスを手がける企業が、CMの中で「クビ」などという言葉を平気で使うのは、見ていてとても不快です。
日経新聞が三国志のパロディを堂々と駅に展開したのは、近年一番おもしろいことでした。(●´ω`●)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。