お金持ちを、ほめよう!

「持つもの」と「持たざるもの」の闘争は、インターネットの風物詩。でも、対立構造を煽っても問題はほとんど解決しません。むしろ、お金持ちがよろこんで富を再分配したくなる、そんな仕組みが必要です。

そんなことを書いてたら、ちょうど前澤さんも同じようなことをツイートしてました。良い機会なので、考えを整理してみるテスト。


お金持ちを殴っても、なにも進展しない

想像してみてください。

いきなり「搾取野郎!」とか暴言を浴びせられ、「あいつは人民の敵だ打倒しろ!」とか「会社を焼け、富を取り戻せ!」とか言われたら、人はどう感じるでしょうか?

「あぁ、僕はなんて罪深いんだ… よし、彼らにお金を配ろう!」とは絶対になりません。

普通に考えて、「げ、なんかヤベェやつ来たよ。関わりたくない、逃げよう!」と思っちゃいます。

つまり防衛行動として、距離をとっちゃうわけですね。

対立構造をもって富の再分配をしようとしても、かえって相手を硬化させてしまうわけです。(基本的に対立を煽るアプローチは手っ取り早いが、中長期ではデメリットのほうが大きいです)


気持ちよくお金を払ってもらおう

ですので正解のアプローチは、逆だと思うわけです。
お金持ちを褒めて!褒めて!褒め称える!というのが重要。

お金持ちは、べつに搾取したいわけでも、お金を払いたくないわけでもありません。「理由のないところに、お金をいれる意味がわからない」というだけなのです。

なので、重要なのは、「お金持ちが納得し、自主的に払いたくなるような合理性のある価値」を創出することです。

そのためには、どうしたらいいでしょうか?


社会的報酬の取引市場を作ろう

個人的に、一番オススメは、「名誉」や「地位」や「人気」とお金を交換する仕組みを作ることです。

なぜかっていうと、お金持ちにとって「社会的な立ち位置」というのは、お金やモノ以上に価値があるものなのです。自己実現や承認欲求は、お金持ちに大変需要がある商品です。


いっぽうで、「名誉」や「人気」は生産コストがほぼゼロです。

だったら、富を富裕層から移転したければ、お金持ちに「名誉」や「人気」や「自尊心」を買ってもらうのが、いちばん合理的です。 持たざるものにとって名誉や承認欲求というのは、富裕層に売れる最高の商品なのですね。


お金がすきな人は、寄付や福祉が好きになりやすい

ついでに言うと、お金稼ぐときに脳が活性化する部分と、寄付で脳が活性化する部分は、同じ「側坐核」です。

さらに「自発的寄付」は、強制寄付よりもこの部位が活性化する傾向です。つまりお金を稼ぐのが大好きな人は、福祉や寄付も大好きになる確率が高いと思われます。相性、バツグン。

きっかけさえあれば、お金持ちは福祉にメッチャハマってくれます。

そうすると、「福祉にコミットする入り口」を気持ちよく作り、リピート率をあげることが一番大事そうですね。つまり、対立構造とか作ってる場合じゃないわけです。


お金を配りたくなるロードマップ

どうせ作るなら、奪い取る社会や、嘘でおべんちゃらを言う社会よりも、お金持ちが普通に尊敬されて、お金持ちが普通に善意で世の中をよくする(ノブレスオブリージェン)な世界にしたいですね。

そのためには、日本はとくに宗教的な寄進基盤が弱いので、入り口をしっかり作ることだ大事でしょう。イスラムやキリスト教はそこがしっかりできてる。

中長期で考えるなら、奪いとるより、以下のような考えかたがよさそうです。

「入り口は経済インセンティブ」からはじめ、「社会報酬」にシフトさせ、そのあとに「ロールモデル化」することで、お金持ち全体に社会的な価値観を根付かせる作戦ですね。



トップクラスのお金持ちにやってほしいこと

個人的には、前澤さんや孫さんクラスのお金持ちが、個別の福祉や再分配に巻き込まれても、よいことはないと思うんですよね。

そういう人が炊き出ししたりスープを配るのは、美談かもしれない。だけど社会活動としては生産性が微妙なんです。地道な活動は小さなNPOにまかせるべきで、大きく動ける彼らには、もっとすべきことがある。

例えば、前澤基金とか孫基金とかを作り、「寄付した人トップ10は、彼らとディナーを食べながら、日本の未来について語り合える」みたいなことをやるほうが、大きな波を作れるかもしれない。福祉活動してる人しか入れない富豪クラブとかもそう。

ロックスターなお金持ちのチャリティー活動なら、「お金持ちが寄付したくなる空気」を作ることが、一番コスパがよいのではないかと思うわけです。

もし富を再分配するにしても、そういう普通のNPOにできないことが走ると素敵だなぁと。単純なお金の配布よりも、行動規範を作ってくれるほうが、よっぽど価値がある。

そういう考えや世界観が、もっと広まったらいいなぁと思います。相続税も100%にするより、「死ぬときに全額寄付して、財団とか学校作っちゃうの素敵!」って感じで流行らせたい。


以上、ツイッターに書いた、以下の話の補足でした。


<追記>
ここでは自主的に払うことについてを主に語ってますが、徴税による再分配でも同じですね。お金持ちは力があってルールを作れるので、「彼らが強い不満」を感じたら、ルールを曲げたり抜け道を作ることも不可能ではありません。

なので、結局のところ徴税で再分配するにしろ、「彼らが気持ちよくお金を払える世界」を作るのは、必要になるわけです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
874

noteで面白かった話

noteの中で良いなあと思った作品をまとめます。
16つのマガジンに含まれています

コメント9件

> rosegrapemerryさん、そこはまぁ当たり前ですね。個体が残業代を未払いにしてる人がいる話と、総体として富裕層全体が気持ちよくお金を払えるようにする話は、わけて考えたほうがよいかと思います。 個体でぐうたらした貧乏な人がいるのと、総体で社会福祉が必要なことをわけて考えたほうがいいのと同じような感じかなぁと。
少し話は変わるかもしれませんが、税金には弁の役割もあり、税率を上げるとその流通は減る傾向があるかと思います(例:たばこ増税でたばこ消費量が減る)
そして多くの税金はお金の移動に対して課税しています。(贈与、相続、消費etc)

ただお金の性質として「流通頻度を増やすほど世の中に価値が生まれる」点を考慮すると、流通を促し、お金を滞らせない方向に弁を仕向ける方が良いように思います。つまり

・お金を溜め込む行為に対しては課税を強める
  固定資産税、貯金に対する課税←NEW!
・お金の流通に関わる税は控える
  消費税、相続税...

お金や資産を増やすよりも、使う方がお得であると思えると
所得の多少に寄らず、お金がもっと周り経済も発展するのかなと妄想しました!
溜め込むことに税をかけるのは僕も賛成です。消費税や所得税を減らして、資産への累進課税を強くするのは、試したらおもしろいんじゃないかなぁと思います。
なんか持てない人が責められてしまうような感じですね。
「持っていないお前が悪い‼」「自己責任」等持ちたくても持てない人にとっては益々孤立してしまいます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。