noteで企業の情報発信をする皆さまへ

採用やブランディングなどにnoteを活用したい、企業さん向け入門ガイド。こんなことするとよいですよー、というメモ。

SNSマーケティングというと、注目を浴び、ウケをとるためだけに、冷蔵庫に入ったり、裸踊りをするようなものも多くあります。とにかく注目を集めればよい、という考え方です。ですが私は、そのような行為を推奨していません。


学生時代を思い出そう

自分の学生時代を思い出してみてください。極端な言動で注目を浴びようとした人が、それだけで人望を集めたケースはなかったはずです。

僕の学生時代に、全裸でサリーちゃんを歌いながら廊下を疾走していたヤツがいました。

あるいは、「カイザード アルザード キ・スク・ハンセ グロス・シルク! 灰燼と化せ 冥界の賢者 七つの鍵を持て 開け地獄の門! 七鍵守護神」という呪文詠唱を、毎朝クラスの黒板に書き込んでいたヤツもいました。

体力測定にて、握力数百kgで幅跳び40メートルといった超人的な嘘データをバッジオ(偽名)として記入し、全国1位となったヤツもいました。彼は、文部省から表彰されかけ、体育教師と一緒に謝罪をしとききます。

あとは、生徒会選挙の演説で「南京大虐殺はなかった!」と演説をぶち、世界史のテストで全問題を元号で答えるという、気合入った極右ガイもいたのですが、残念ながら選挙に落ちました。

彼らは前田慶次もビックリの、まごうことなき傾奇者でありロックスターではありましたが… その行為をもって、周囲の信頼を得たかといえば、まったくそんなことはありませんでした…


企業キャラ立てというのは、そのような行為をもってして、行うべきではないと思うのです。そういった行為は、短期的には注目を集めるかもしれませんが、長期的にはクレイジーなやつというポジションを得るだけです。

男子校であれば、それで成り上がることもできるかもしれません。認知だけで勝負できる業界なら、機能する可能性もあります。ですが、パブリック空間において、そのような行為はリスクを積み上げることにしかなりません。

かぶくの上級者むけとわりきって、まずは以下のようなところからはじめてみましょう。基本的には、インターネットをよくすること。体験やエピソードベースの知を共有することが、もっともオススメです。


noteが推奨する情報発信
・インターネットをよい方向に進める情報を出そう
・業界に一目おかれる知識やノウハウを出そう
・業界の新人が成長する情報を出そう
・新卒や転職者が知りたい情報を出そう
・思想や大義を知ってもらおう


こういうことを赤裸々に書くと、競合他社のみなさんも同じようなことを言い始めるのですが… 僕らは気にしません! だって、そのほうがインターネットがよい方向に進むから。

あわせて、こちらも読むとオススメです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

多謝(お返事がランダムに出せるようになりました)
495

#マーケティング 記事まとめ

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。
12つのマガジンに含まれています

コメント3件

ちなみに、事例ででてきた傾奇者は、全員実在の人物、現実のエピソードです。
すごく共感させられました。記事、ありがとうございます。注目だけを目的の「マーケティングもどき?」すごく嫌いでして。
事例の人物たち笑えるw若さゆえの過ちだな
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。