noteにおける情報商材について雑感

たまにカスタマーサポートに、「あれって情報商材ではないのですか?」とか「私の記事は消されたのに、なんであの人の記事はOKなの?」という質問が寄せられます。今日はそのあたりへの雑感をば。

一般的なサービスではこのような質問に対し、以下のような返答がなされます。

・個別事例への判断にはお答えできません
・審査基準の詳細はお答えできません。

大抵の企業は、コミュニケーションすらしてくれません。なぜ、どのサービスもこのような回答をするのというと…

・あの手この手で規約を回避する人々が出てくるため
・適正チェック担当が複数いると、ガイドラインがあってもジャッジにブレが出るため
・CSリソースを、微妙な記事のチキンレースで浪費したくない。
・NG基準は運用通じて適宜アップデートされるが、そのたびに規約変更をかけたくないため

といった理由が考えられます。要はチェック基準を厳密に公開しても、コストとリスクは増大するのに、メリットがほとんどないわけですね。

会社としては正しい対応ですが、僕としては、可能な範囲ではケアしてあげたい問題です。…なので、非公式ながら見解をば。

以下、大きくはnoteチームの考えと捉えてもらって大丈夫ですが、一字一句完璧にそのような運用されてる保証はできません。noteのコンテンツ確認チームは僕とは独立してるので、細かい解釈が違うこともあり得ます。あくまで大まかな指針と考えてください。


noteのいう情報商材って?

禁止事項に当たる「情報商材」とは何をさすのか? 

ざっくり言うと、「消費者庁にGO」や「警察にGO」クラスの記事販売はNGという意味です。そうでない場合はケースバイケース…というのが実情です。つまり「情報商材詐欺」はNGということですね。「1日30分であなたも絶対に月収100万円」みたいなやつです。

もともとは、当時横行していた「マルチまがいの情報商材」への対策で存在していた文言のようです。内容よりも「売り方」への対処ですね。

一方で、「ノウハウの販売」そのものは、なかなか判断が難しいグレーゾーンです。「1日30分であなたも絶対に月収100万円」は高確率でアウトな一方で、「生産性の上がるフォトショップテク」はどうなのか?「実際に上場した人の起業論」は実現不可能な商法に分類できるのか?…といったものですね。これはもう個別に判断するしかありません。

このバランスはとても難しいものです。noteの理念としては、「投稿物の多様性」も担保しなければいけませんが、同時に緩くしすぎると「健全性」が守れなくなりそうです。内容確認では、このバランスが常にせめぎあっています。

ですので内容確認の雰囲気としては、「NGのものは消去」しつつ「グレーのものは非推奨扱い」という二段階構成をとっています。大まかな(非公式)見解としては、コンテンツは以下のように分類されています。


推奨
note編集部の人が良い、あるいは世に広まるべきと考えるコンテンツ。「おすすめ」「公式マガジン」「公式ツイート」「編集会議」などで紹介されます。

非公式推奨
noteチームの個人が良い、あるいは世に広まるべきと考えるコンテンツ。「公式マガジン」「個々人の記事」「個々人のマガジン」「個々人のツイート」などで紹介されます。

中立
大半の記事です。90%ぐらいはここにカテゴライズされます。PVやスキ数などに応じて自動で、「ピックアップ」「注目」「人気」などで紹介されます。

非推奨
ポリシーに反しておりnoteチームとしては推奨しないが、表現の多様性として保証されるべきもの。同著者のフォロワー以外には、露出しにくくなります。

禁止
ポリシーに反しておりnoteチームとして許容できないもの。チキンレースを挑んでいると判断されるもの。深刻度に応じて記事の未公開化、入金の停止、アカウントの削除などが行われます。


この分類は空港の入国審査ていどには、担当者で揺らぎが発生します。規約ギリギリのエグいお金儲け記事などは、一応存在は許されますが、露出しにくくなる措置が施されます。

ですので、ぶっちゃけ、そういう記事は多分あんまり儲かってないんじゃないでしょうか。そもそも露出しにくいので。

ちなみに、下記のような記事はアウトです。発見したらガンガン通報してください。

本当にアカンやつは容赦無く処理します

確実にNGな内容の例
・優良誤認を意図した記事
・コンテンツの盗用
・犯罪の教唆
・「この記事を売れ」的なマルチ商品
・渋谷駅ロッカーの暗証番号の販売
・その他、法律に抵触するもの

微妙なラインとしては「5文字で1万円」などの記事も、NGとなる可能性が高いです。「可能性が高い」と曖昧な表現なのは、無料長編ミステリで、犯人の名前が有料…などのシナリオが考えられるからです。難しいですね。


noteで書くのをオススメする有料記事

私見ですが、noteで真っ当に有料記事を書く場合、以下の3種類がオススメです。

ニッチ業界の神記事モデル
マニアックすぎて情報が少ない趣味、職業系が必要とする「超役に立つ情報」「面倒なことをまとめてくれた資料」。あなたが超ニッチ業界で信用と実績があり、集客できることが重要です。

同好会モデル
ユーザー同士をつなげる媒介となるメディアです。同好の士を束ね、彼らのインフラ的な作業を受け持つ必要があります。

応援モデル
一番オススメなのは、「あなたの活動や、生き様を応援してくれる人」や「あなたのことが大好きな人」がパトロンとして購読してくれる記事。あなたのことを好きな人が一定数いることが大事です。


最後に

あと、これは注意ごとなのですが…

「noteの書き方」や「noteの売り方」「noteで大儲け!」といったタイプの有料記事は、残念ながらあまり儲からなさそうです。なぜなら近日中に、そのような公式無料コンテンツが出る予定です。

あと「高額な有料noteは、一定分量の試し読みがマスト」といった機能は、将来的に実装される可能性が十分にあります…と非公式に宣言しときます。非公式宣言だけどね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
367

《noteで書くって、なんだろね?》 初心者のためのマガジン

note初心者の五百蔵がnote内で迷子にならぬように、 自分をはげまし鼓舞するために集めたもの。いや、いまも集めているもの。 当然ノウハウ的なものもある。カイゼンについてのもある。 基準は独自。何を書いたらいいか考えていきたいから、そんなのも集めている。 #note初...
6つのマガジンに含まれています

コメント7件

あ、すいません。そこは僕のミスです。意図的推奨は「おすすめ」で、「ピックアップ」は全自動ですね。文章を修正しました。
ちょっと、書いてて自分の中で盛り上がっちゃったので、再度コメントします。
「要はチェック基準を厳密に公開しても、コストとリスクは増大するのに、メリットがほとんどないわけですね。」
とありますが、メリットは十分にあります。
要は割れた窓ガラスを放置する街案件と同じだと思います。

ちなみに「できるだけユーザの判断」にさせる運用であるならば「可能な限りの情報をユーザに伝える」努力が正しい対策だと思います。
例えば「0(排除)か1(そのまま)ではなく、有料記事の「異議申し立ての数と内容」を別ページでユーザが観れるようにする」などユーザに示すことです。
会社の目的は「ユーザが間違って詐欺まがいな有料ノートに課金しないようにすること」です。払った後に後悔するのは誰にとっても良くない

警察GOではないレイヤーで、正解がない議論こそ企業の色が出ると思います。放置が正しいと考えるか、厳格にするべきか。noteはどちらか?
今は前者っぽいですが、前者を維持する運用方法でももっとできることがあり、それ自体がメリットとなるということがあると思います。
何かの記事で読んだのですが今後eコマースは会話に力点を置かなければ淘汰される様な内容でした。深津さんの今回の記事に於いて通ずるものがあると思います。思えばTiltShiftGenをアップデートした際に自分が操作の認識不足で問い合わせしてしまったのにも関わらず丁寧にお答えいただいた経験が蘇ってくるようです。
ただ単なる金儲けができるSNSになってほしくないです・・・
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。