タイトルのポイント (noteのはじめかた)

これからnoteをはじめる人の入門ガイド
読みやすく、また読まれやすいnoteの書き方を紹介します。

このガイドはあくまで、初心者のための基本的なガイドです。表現に必要であれば、意図的に崩すことも重要。慣れてきたら、アレンジしたり作法を崩すなど、自身に最適なスタイルを模索をしてみてください。

・あなたの伝えたいことを、伝えたい相手に、伝えられているか?
・長さは15〜25文字程度に
・キャッチーさを加えよう
・キーワードを含めよう
・カナと漢字のリズムに注意しよう
・タイトルで嘘をつかない、誇大表現や煽りをいれない
・公開の前に音読をしよう


あなたの伝えたいことを、伝えたい相手に、伝えられているか?

タイトル文で最も大事なことは、あなたが伝えたいことを、正しく伝えられているかです。ネットには記事が大量にあふれています。このため、読者に興味を持ってもらうには、タイトルだけでも価値や魅力が伝わることが重要です。

まずタイトルだけでも、あなたの伝えたい相手に興味を持ってもらえるか、何について書かれたnoteかが伝わるように意識しましょう。


長さは15〜25文字程度に

長すぎるタイトルは、一覧表示やTwitter上で省略されてしまう可能性があります。タイトルが省略されると、noteがクリックされにくくなります。タイトルは長くても25文字ぐらいまでにしましょう。


キャッチーさを加えよう

タイトルを見たときに読んでみたくなるよう、文章にキャッチーさを加えて見ましょう。たとえば「先生の言葉」と「卒業式で先生が伝えたかったこと」では、大きく印象が変化します。

「最強の」や「とっておきの」など強いワードを、無理に入れる必要はありません。また、なんでもかんでも「疑問形にする」とか「数字をいれる」といった、小手先のノウハウもまずは忘れましょう。無理な誇大表現は、読者との信頼関係を失わせます。あくまで自然な範囲で、あなたのタイトルを魅力的にする工夫をしましょう。


キーワードを含めよう

あなたのnoteの対象読者が、どのようなワードで検索をするかを想像し、可能であればキーワードをタイトルに含めて見ましょう。

たとえば野球好きに読んでもらいたいならば、「野球」や「バット」など、関連する単語を埋め込むとよいでしょう。ただし、タイトルを不自然にしてまで、キーワードを埋め込む必要はありません。できる範囲で意識しましょう。


読みやすくしよう

タイトルが読みやすいほど、クリックされやすくなります。長すぎるセンテンスを句読点で分割したり、連続するカナや漢字を避けるなど、読みやすさを意識していきましょう。

タイトル内で記号(●や【】など)を用い、無理やり目立たせるのは、逆効果です。あくまで正攻法で勝負しましょう。


タイトルで嘘をつかない、誇大表現や煽りをいれない

創作活動でイチバン重要なことは、読者との長期的な信頼関係です。ひとときのページビューを追い求めてはいけません。大事なのはリピーターです。

魅力的なタイトルは、あくまで嘘や誇大表現のない範囲で行いましょう。センセーショナルなタイトルで、中身のない記事へと人を集めても、あなたの信用が失われるだけです。


公開の前に音読をしよう

音読をすることで、さまざまなミスに気がつきやすくなります。声に出して不自然な日本語だったり、息が続かなくなったら、タイトルの修正を検討するほうがよいかもしれません。

音読して魅力的なリズムのタイトルは、目で見ても気持ち良いものになります。慣れるまでは、できるかぎり最終確認として音読をしてみましょう。


まとめ

・あなたの伝えたいことを、伝えたい相手に、伝えられているか?
・長さは15〜25文字程度に
・キャッチーさを加えよう
・キーワードを含めよう
・カナと漢字のリズムに注意しよう
・タイトルで嘘をつかない、誇大表現や煽りをいれない
・公開の前に音読をしよう

タイトルの作成でイチバン大事なことは「あなたの伝えたいことを、伝えたい相手に、伝えられているか?」です。まずは、あなたの伝えたいをしっかり伝えることに注力しましょう。

無理にキャッチーにしたり、いきなり全部をマスターする必要はありません。ひとつづつ意識できるようになりましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

ありがとー(お返事がランダムに出せるようになりました)
477

noteのはじめかた

19つのマガジンに含まれています

コメント1件

深津さん、初めまして。
ママデザイナーをやってるものです。
女性を中心とした起業家さんのサポートなどで
ブログやメルマガなど読む必要性があるのですが、
深津さんのご指南文読んでなぜだか泣けてきて、
そのたぐいの煽り文にいつのまにか苦しんでたことに気づきました。
noteは体から出てくる思いをそのままぶつけたり、
創造していく行為自体を純粋に楽しめる、
安心な場所だなあと感じます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。