[カバー漫才] 和牛がチュートリアルの名作漫才「バーベキュー」をカバーしたら…

水田信二:最近よく言われますけれども…

川西賢志郎:なんでしょう

水:長生きする人は肉を食べている方が多いんですよ

川:そうらしいですね〜

水:肉食べてますか?

川:我々「和牛」って言うくらいですからねぇ,よく食べますよ。来週もバーベキューの予定入ってますから

水:一人で?

川:みんなでや。なんで一人寂しく外で肉焼いて食わなあかんねん

水:一人でバーベキューせなあかんこともあるやろ

川:ないわそんなもん。それやったら行かなかったらええだけの話や

水:お前今,一人でバーベキューする人のことバカにしたやろ

川:バカにはしてないですよ。「大抵みんなで行きますよね」て言うてるだけや

水:ということは,それなりの覚悟をしたということやな?

川:「覚悟」って何?

水:みんなでバーベキューをする覚悟や

川:みんなでバーベキューすんのに覚悟なんていります?

水:バーベキューには知識と経験とセンスが必要ですからね

川:それはお前が元料理人だからやろ?普通の人は適当に肉焼くからそういうのいらんねん

水:知識と経験とセンス。バーベキューで一番大切なのは何か知ってますか?

川:だからそんなんいらんと思うけど…,その3つで言うたら「経験」じゃないですか?

水:センスです

川:センス!? バーベキューにセンスいります?

水:センスが一番大事やから

川:バーベキューの「センス」て何?

水:バーベキューで最もセンスが求められるのが,串に具材を刺す順番ですよ

川:いらんいらんいらん。そんなんにセンスいらんて

水:じゃあお前は具材をどういう順番で刺すの?

川:「どういう順番」て,そんなもん適当にその辺にある具材刺すだけや

水:例えば?

川:「例えば」言われてもやな…,まぁ〜例えば…,牛肉→ピーマン→たまねぎ→牛肉→ピーマン→たまねぎとか…

水:え?お前まだそんな刺し方してんの?

川:「まだ」てなんや

水:古いわ〜

川:「古い」てことはないやろ

水:今年もう2019年ですよ

川:知ってるわ。そんなもんに古いも新しいもあるか

水:「肉→ピーマン」は80年代やないか

川:お前はさっきからなんの話してんねん

水:だからバーベキューの串の刺し方の話やないか。何事にも流行りというもんがあってやな,2019年はピーマンからや

川:聞いたことないわ

水:例えばやな,ピーマン→たまねぎ→エリンギ→しいたけ→ホタテとかや。な?

川:「な?」言われても…

水:ええやろ?

川:何がや

水:もしくは,ピーマン→たまねぎ→たまねぎ→たまねぎ→たまねぎ

川:それたまねぎ刺しすぎやろ

水:こういう流行りを踏まえてやな,自分のオリジナリティを出して具材を刺す。それがバーベキューや

川:それ俺が知ってるバーベキューとちゃうなぁ。愛媛のバーベキューやろ

水:「愛媛のバーベキュー」なんてないわ。世界に「バーベキュー」は一つや

川:名言みたいに言うなよ

水:とにかく,2019年の流行りを踏まえてやな,お前のオリジナリティ溢れる具材の刺し方を…

川:分かった分かった。刺せばええんやろ

水:2019年の流行りを踏まえてやで

川:分かったから。ピーマンからやろ?

水:ピーマンからや

川:ピーマン→ウィンナー→鶏肉→エリンギ→ホタテ

水:おぉ〜いいんじゃない?

川:ええの?これが?

水:自分で考えた?

川:え?自分で考えた。適当に言うただけやけどね

水:初めて?

川:「初めて」て何が?

水:いや…,「ピーマン→ウィンナー」から入るのはニューヨークスタイルやから。知ってんのかと思って

川:いや知らん知らん。ニューヨークスタイル?バーベキューにそんなスタイルあんの?

水:近代バーベキューの父トーマス・マッコイが得意とするやつや

川:誰やねんそれ

水:もう一本刺してくれる?

川:え?

水:もう一本!

川:「もう一本」て。剣道みたいに言うな

水:今の「刺し手」はかなり良かったから,他の「刺し手」も見せてもらえる?

川:「刺し手」て,今度は将棋みたいに言うて

水:まだあるやろ?他の「刺し手」も

川:「ある」も何も,適当に刺してるだけやて

水:もう一本見てみないと分からないから。ビギナーズラックということもあるからね

川:よう分からんけど…,ほんなら…,ピーマン→エリンギ→

水:おっ!

川:→とうもろこし→とうもろこし→

水:もうそれでいいんちゃう?

川:なんで?

水:そこでやめたほうがええって

川:もう一つ刺してもええやろ

水:すでに完成してるから

川:「完成」てなんや

水:それ以上刺したらおかしなことになるから

川:「おかしなことなる」て何が?

水:それやったら仮にや,今何刺そうと思ってたか言うてみ?言うたら分かるから。おかしなことなるって

川:だから「おかしなことなる」てどういうことや

水:刺してみたら分かるから

川:→とうもろこし→とうもろこし→牛肉

水:……。いいね

川:ええんかい!

水:え?お前もしかして…,師匠?

川:なんの「師匠」や

水:ホームページ持ってる?

川:持ってるかそんなもん。バーベキュー専門のホームページなんて持ってないわ

水:その服どこで買った?

川:なんや急に。「服」関係ないやろ

水:同じ服を買いたい

川:憧れすぎや

水:もう一本お願いしてもよろしいでしょうか?

川:もうええやろ

水:お願いします

川:もうええて

水:師匠!そこをなんとか

川:師匠やないから。ほんならもう〜…ピーマン→

水:いやいや,もう「ピーマンから」やなくても大丈夫です

川:なんでや。「ピーマンから」が今年の流行りなんやろ?

水:「流行り」というは師匠のようなお方が作っていくものですから

川:だから師匠やないて

水:師匠の一歩が道になるんです

川:そんなええもん違うて

水:「天才」はみなそう言わはるんですわ

川:「バーベキューの具材刺す天才」なんてあんのか

水:師匠!まず一手目はどうします?

川:だから将棋みたいに言うな

水:師匠!一手目は?

川:も〜…,ほんなら,イカからいこか?

水:イカ!!

川:いちいち驚かんでええから

水:丸ごと!!

川:イカ焼きやないかそれやと。輪切りや

水:輪切りか

川:イカ→たまねぎ→とうもろこし→ベーコン→エビ。これでどうや?

水:素晴らしい作品ですね〜。師匠,早速その新作を披露されてはいかがでしょうか?

川:「新作」て。これ作品やないから

水:明日のバーベキューでよろしくお願いします

川:「明日のバーベキュー」てなんや。僕が行くんは来週や

水:そんなことおっしゃらず,明日一緒に行きましょう

川:なんでや

水:一人でバーベキュー行くんは寂しいんで…

川:お前一人やったんか。もうええわ〜

漫才の仕事依頼はこちらから


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「ストーリがあってオチが綺麗な漫才」がこの世の中からなくならないよう応援してくださるみなさんからのサポートをありがたくお受けしております。

「落ちましたよ」と声をかけてください。財布を落としたときは特に
2

創作和牛漫才

創作漫才・カバー漫才・創作小噺などを,勝手に和牛のお二人で当て書きさせていただいております。いつの日か和牛のお二人にも認めていただけるよう精進いたしますので,ご容赦ください。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。