[コラム] 漫才作家だけで食べていくために,「オチを売る」というシステムを模索中。

「漫才作家だけで食べていく」というのは至難の技です。台本は,曲や本のような売り方ができないからです。台本を買ってくれるのは基本演者のみ(漫才師や漫才をしたいと思っているアマチュアの方など)です。M-1で優勝するようなネタであっても,本のように「多くの方が購入する」ということは当然ありません。また,曲のように,「台本を演じる回数に応じて料金をいただく」というのもなかなか難しいと思います。

「漫才を書く」というのは,かなり大変な作業です。でも,全然儲かりません。今の状況では,「漫才作家になりたい!」と思う人が増えることはないと思います。演じるのは苦手でも,書くのは得意という方も当然いると思いますが,そのような才能を漫才に活かしてもらえるような取り組みは,現在ほとんどありません。原因はやはり,「漫才はそんなに儲からない」というところにあると思います。

それに加えて,漫才作家の自立が難しいのは,「自己完結」できないところです。書いているのは「台本」なので,どなたかが演じてくださらないかぎり世には出ません。また,どんなにいいネタができ,そこそこの値段で買ってもらえても,そのコンビが解散してしまったら,別のコンビに演じてもらうというのもなかなか難しい状況です。それでもし,「自己完結」する方法があれば,「漫才作家」という職業が成立するのではないかと考えました。

そのようなわけで今回,このnoteのサービスを活用して,「オチを売る」という方法を試してみることにしました。ネタのほとんどを公開し,オチの部分だけを見えないようにします。ネタが気に入ったら「オチを買う」というシステムです。応援の意味も込めて購入していただけるとありがたいです。価格は,ネタの長さに応じて100~300円くらいで始めてみようと思っています。

このシステムだと,ちゃんとしたオチがないと,買ってくださった方をがっかりさせてしまい,その後は購入していただけなくなるので,「しっかりとしたオチのある台本が増える」というメリットもあると思います。

これからどんどん台本をアップする予定です。この考えに賛同してくださる「漫才好き」の方がいらっしゃいましたら,ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

公開している台本


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます!サポートしていただいた際には必ずお返事を送ります。メールなのでどんな質問でもお答えできると思いますので,よろしくお願いいたします。

好きな法則は,万有引力の法則です
14

漫才作家だけで食べていく方法

現在,「古典漫才の普及」と「オチを売る」という方法に挑戦しています。なかなか難しいですが,「漫才作家だけで食べていく方法」を確立したいと思っています。ご支援よろしくお願いいたします。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。