ハードワークの達人と出会った

どんなハードワークでも、3つの上手があれば、モチベーションの根源はなんだっていい。

ご覧あれ。
気が遠くなりそうな、ストロベリーファーム。朝からひたすら収穫。
(9時間近く同じ作業は初めての経験!いぇい!)

実際、腰も背中も足も腕も肩も、うー全身痛い。

にも関わらず、ここで働く人達は休みもとらずにどんどん収穫する。

彼らの事をハードワークの達人と呼ぶことにする。

農場に来ている人のほとんど、お金を稼ぐことが目的。その目的がモチベーションになって直結するのはもちろんだが、彼らを支えているのは収入だけじゃない事が一緒にいてわかる。

【ハードワークの達人を紹介します】

全体の半分のティモール人。
とにかく上機嫌で、ハピネス。
よく笑い、うたい、話し、走り、素直で軽やかなイメージ。

「カンタ!ティモール」という東ティモールでの戦争、1999年に独立した映画は、私のBEST3に入る。映画にあった通りの人柄で、私は彼らを尊敬してる。
http://www.canta-timor.com

もう半分は日本人と韓国人。

穏やかで優しい。頑張り屋なイメージ。うなづき方や、笑い方などの反応にも親近感あり安心感を覚える。

日本と韓国は、文法が同じだったり発音が真似しやすい事もあり、彼と「わー、楽しい!」を共有する事は難しくなかったと思う。

仕事でもおしゃべりしたり、「ガンバレー!」と応援してくれる。

ハードワークの達人は

⑴楽しむのが上手

⑵仲良くなるのが上手

⑶目的がはっきりしている


これが上手だと、どんな状況でも自分を生きていける。

ストロベリーの仕事は数日で成果は出せない。2週間以上いてやっと慣れてお金が稼げる。
ただ、収穫の成績を上げるその道のりはハード。
「全然稼げない」とさっさと出て行った者たちもいる。

ここに残ってる全てのハードワークの達人は、強い。

上の3つを「継続」した強さは、ぶれない。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Fumi Maeda

あたしのこと

いつも何か考えていて(好きで)、思いついた事を書いていきます。分かりづらい事があるかもしれない。 書きながら、噛み砕いています。 「私ってこんな人なんだ!」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。