ぼくは信じない

ジョン・レノンに「God」という曲があります。

「神なんて観念(コンセプト)に過ぎない」「みんなそれで苦痛を測るのさ」としたうえで、ひたすら自分が信じないものを列挙していく曲です。ここで挙げられる「信じないものリスト」がすごくって、

魔法、易経、聖書、タロット、ヒトラー、キリスト、ケネディ、ブッダ、マントラ、ヨガ、ギーター(ヒンドゥー教の聖典)、王侯貴族、エルビス・プレスリー、ジマーマン(ボブ・ディランの本名)、そしてビートルズさえも。と歌うんですね。

じゃあなにを信じるのか?

ここでジョンは「自分だけを信じる」「僕とヨーコだけを」と歌います。

そして一方的に「僕は生まれ変わったんだ。昔はセイウチだったけど(I was the Walrus)、いまはジョンさ」とジョーク交じりに宣言し、「愛する友よ、きみもがんばらなきゃね。夢は終わったのさ」と終わる、なんとも後味の悪いというか、衝撃的な歌です。

ただ、ここでジョンが「信じないもの」として挙げてるのって、たぶん「昔は信じていたもの」なのだし、「ほんとは信じたいと願ってるもの」でもあると思うんですよね。だからこそ、それを信じる人々を罵ったり嘲笑ったりしてる歌とは聞こえず、ただただ痛ましい響きが漂っている。

それでぼくも考えました。

ぼくが「信じないもの」。

同時に「昔は信じていたもの」。

さらに「ほんとは信じたいと願っているもの」。


うん。

「編集者のほめ言葉」ですね。

壁に耳ありジョージとメアリー。
41

古賀史健

コメント3件

お疲れ様です。
嫌われる勇気を、今度の休みに読みます。兄や友達から読むようにススメられたというか、ビシって言われました。マストって。感想書かせていただきます。
信じてる人のほうが幸せなのか、信じない人のほうが幸せなのか、むずかしいですね。
信じられるものなんて、ほんとはないんですよね。
ほんとは、ヨーコも、じぶんも、信じられないはずなんですよね。
でも信じてるって歌ってるのは、ちょっと救いを残すためなのか、
そもそもほんとに信じていたのか、どうなんですかね。
褒められて、信じないっていうのは、なんか、すこしかなしい気がします。。。
信じる心はどこまでも続くものなのかもな……
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。