大人になってからの友だち。

Puffyの大貫亜美さんが、ミュージシャンのaikoさんと一緒に写ったInstagramで、「大人になってできた友達は 良いものですね」と書いていた。

そうだよなー、と思う。

子ども時代の友だち、学生時代の友だちは、いろんな「たまたま」の結果だったりする。たまたま同じ地域に生まれた。たまたま同じ学校に通ってた。たまたま同じクラスだった。たまたま同じ部活だった。いろんな「たまたま」が、意図せざる「たまたま」が重なった結果、友だちになっていく。それはそれで、とてもすてきなことだ。

大人になってからの友だちは、少し違う。

たまたま同じ会社だったとか、たまたま取引先だったとか、そういう偶然もあるにはあるけど、友だちになっていくためには、もうちょっと本人の意思がからむ。

子ども時代の友だちが「できる」ものだったのに対して、大人になってからの友だちは「つくる」ものなのだ、たぶん。

恋人ができたり、結婚したり、あたらしい家族ができたりすると、どうしようもないさみしさは減る。家族と仕事仲間だけで十分だと思えたり、じっさいに精いっぱいになったりする。それでもあたらしい出会いをさぼらず、こころを開くことに怯えず、受け入れることをためらわず、喧嘩することさえ厭わず、そっちに踏み出して「つくる」ことのできた友だちは、子ども時代のそれとは違った関係になれるんだと思う。

ぼくはこれから、何人の友だちをつくれるだろう。

朝まで飲んだり、したいよねー。

毒を食らわばサラダで。
142

古賀史健

最近の学び2

1つのマガジンに含まれています

コメント1件

子ども時代からの友達との電話。最後は今でも「バイバーイ!」。でも大人になってからの友達との電話では「バイバーイ!」と どうしても言えないのが…ずっと不思議な私なのです。(^_^;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。