見出し画像

準備不足はデフォルトです。

遠く離れたリオデジャネイロで、オリンピックがはじまりました。

週末どたばたしてて、まだふんだんにお仕事を放棄しながらじっくり観戦、というわけにはいっていないのですが、おかげで会場や運営まわりのもろもろはよく知らないのですが、ちゃんと無事に開催されているようです。

この10年くらいなのかなあ。オリンピックとか、サッカーのワールドカップとか、あるいはF1のあたらしいグランプリとか、そういう巨大なスポーツイベントが近づくたびに「会場、ぜんぜん間に合ってない!」「開催の危機!」みたいな直前情報が飛び交うようになってきた気がします。日本でいうと、長野オリンピックのときはそんなに騒いでなかったと思うけど、たぶん4年後の東京ではたくさんのひとが「ぜんぜん間に合ってない!」「このままでは世界に恥をさらすことになる!」みたいに大騒ぎするんじゃないでしょうか。

もしかしたら、いまのブラジルもぼくらの目に見えないところでは「ぜんぜん間に合ってない!」のかもしれないけど、なんて言うんでしょう。それも含めて「ちゃんと間に合っている」とも言えると思うんですよね。


仕事だって、結婚だって、あるいは会社をつくるみたいなことだって、なんでも「準備万端だぜ!」はありえなくって、「ぜんぜん間に合ってない!」からはじまるもんじゃないかと思うんです。「やっべー、どうしよう?」のままに動きはじめて、どうにかしていくものじゃないかと。

準備不足を叱りつけるひとが増えすぎると、よのなかの足腰が重くなって、どんどんつまんない社会になっていくんじゃないかなあ。ぼくがフリーランスになったときだって、会社を辞めてから「さて、どうしよう?」とはじめて真剣に考えたし、動き出す前から真剣になるのって、ほんとのほんとは無理じゃないのかなあ。



馬の耳に壇蜜。
67

古賀史健

ライター。バトンズ代表。著書・共著「嫌われる勇気」「古賀史健がまとめた糸井重里のこと。」「20歳の自分に受けさせたい文章講義」など。週日更新しています。http://www.batons.jp

コメント1件

本当にそう思います。何度もしてる引っ越しだって、4割スタートと思ってますし、結婚も、子育ても、なんなら仕事だって。なんとかなるもんです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。