続編を書くということ

すでに公になっている情報なのでここにも書いちゃいますが、いま『嫌われる勇気』の続編に取りかかっています。続編ということはつまり、あの哲人とあの青年のその後を描く一冊です。すでに岸見一郎先生との議論(問答?)も終え、物語に関連する周辺の方々への取材も終え、前作以上の資料や文献をひっくり返す作業もひと段落し、あとはいよいよ書くだけ、という状態で少しずつ筆を進めているところです。

続編と聞いて、「あちゃー」と思われた方は多いですよね。ぼくも続編、あまり好きではありません。もちろん続編をつくれるということ自体、前作が一定程度の支持を受けた証拠でもあり、売れなかったら続編の声さえかからないのですから、よろこばしいことではあるでしょう。

しかし一方で、続編にはどうしても「晩節を汚す」的な印象があり、一作目よりもおもしろい続編、一作目のファンを十分満足させる続編は、そうそうお目にかかれるものではないわけです。しかも映画とは違って、前作と監督を変えての続編、というわけにはいかないものですから、なおさら新鮮味は薄くなります。ヒットしたコンテンツについて、安易に「続編やりましょうよ」と声をかけてくる方は大勢いるものの、つくる側としてはそう安易に引き受けることができない。それが続編というものです。きっと続編というだけで、そこに「安易さ」と「商売っ気」を感じ、敬遠したり小馬鹿にしたりする方も多いでしょう。部数の面からも、一作目より売れる続編はほとんどないと思います。そのへんはもう、最初のハードルとして十分わかっているつもりです。

それではなぜ、リスクしか見当たらないような続編に、わざわざ取り組むことにしたのか。

じつは一作目の『嫌われる勇気』をつくるとき、共著の岸見一郎先生と編集の柿内芳文さんとのあいだで、ふたつの目標を設定していました。ひとつは「世界で読まれる本にする」。もうひとつが「世界で100万部をめざす」。すぐにヒットすることはないかもしれない。でも、たとえ100年かかってもいいから、そこは達成しよう。逆にいうと、100年の歴史に耐えうるような一冊にしよう。当時のぼくらを知っている人たちは覚えているでしょうが、真顔でそんな話をしていました。

そして刊行から1年半が過ぎた現在、まだ最終目標だった英語圏での刊行には至っていないものの、日本で75万部、韓国で40万部、台湾で6万部、最近中国とタイでも刊行が相次ぐなど、当初の目標について、数字の上では達成していることになります。

日本でもアドラーの名が少しずつ知られるようになり、アドラー関連の書籍が毎月何冊も刊行されるようになりました。いまAmazonに「アドラー」と入れて検索すると、びっくりするほどたくさんの関連書が出てきます。それまであまり知られていなかった人物、知られていなかった思想ということもあって、一種のブームとなった感さえあるほどです。

でも、なにが危ないって、ブームほど危なっかしいものはないんですよね。すべてのブームは一過性の流感であって、ブームが過ぎ去ったあと、むしろそれは「恥ずかしいもの」となっていくものなんです。バブル時代のワンレン&ボディコンなんかはわかりやすい例ですし、最近では「オワコン」なんて物騒なことばさえありますし。ブームになる、流行ってしまう、とはそれだけおそろしい反作用がつきまとうものなんです。

それで、一過性のブームになっては困る、なんとかブームではなく、ひとつの選択肢としてでもいいから、定着したものにしていきたい。いや、しなきゃなんない。ということで、続編に臨む決心を固めました。ある意味、「ブームを終わらせるため」とも言えますし、それが一作目以上にむずかしいハードルであることはよくよくわかってます。

それでいま、仕事の中心であるだけではなく、生活の中心もこの続編原稿になり、夢の中にも哲人と青年が現れ、激しい言葉のバトルをくり広げるようになってきました。

ああ、ようやくここに来たんだなあ、という気がしています。

壁に耳ありジョージとメアリー。
62

古賀史健

今週のおすすめ記事

note編集部がおすすめする記事を集めました! 不定期に更新いたします!

コメント4件

昨晩、私も同じような事考えていました。続編は抵抗あるし描いてもないのですが、でも、物語は終わってもキャラクターは自分の中で生きてんだよな~・・・なにやってんだろ、あいつら。などと。物語終了後でも一番に気になってるのはオレか?そう考えると、また描きたくなったりもします。
こしの先生、作家さんの場合はなおのこと続編には慎重になるものなのでしょうね。それでも、キャラクターたちが生き続けているというのは、とてもすてきな話です!「Ns'あおい」のthose daysはおもしろかったですし、その後も読んでみたい気はします!
おお!「those days」!!古賀さんマニア認定です!ありがとうございます!!「嫌われる勇気」は中学生のころ読みたかった!きっともう少し明るい青春が送れたような気がします。続編楽しみにしております。
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。