世田谷区議会議員選挙 備忘録①

いよいよ後2Wを切った区議会議員選挙。私の住む世田谷区は、議席50という大田区、練馬区につぐ、都内で最も大きな規模の区議会を持っています。(今回初めて意識しました) そのため、候補者数も多い上、ボードの候補者写真もすごい数!

東京都内区議会規模一覧
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/election/schedule/expiration/

そんな中、取り急ぎ選挙ドットコムの候補者リストを確認。個人的には50代より上の方に自分が投票するつもりはない(嫌でも年配の方々からの票が入るに違いないから)という理由から、私の独断と偏見でこの候補者さんたちに興味をもってみました。

なおサイトのリンクは、一人ずつ名前で調べて私がリストしています。今のところ選挙ドットコムにも、リンクが貼ってある人と、いない人がいるので、選挙期間短いのにおーーーい!と思いまして、興味のある方は下記リンク利用して下さい。

私の視点:
❶自分が子育て真っ盛りなので、未来に向けた子育て方面に目がいっている議員候補に興味を持ちました。

❷先日区内の災害コーディネート講習を受けた時、大学も住民も多い世田谷区が、実は備蓄が少なく(全住民の1/3程度)、各家庭で3日はサバイブして!というのが条件であることを知りました。(さらに3日後からは都がなんとかしてくれることになってると言っていた)→完全他人任せなことに驚き、災害がらみの政策を打ち出している候補者には注目しました。

中村コータロー(立憲民主党)
http://ko-taro-nakamura.net/

藤井まな(民進党)
http://www.mana-f.com/

そのべせいや(都民ファーストの会)
http://sonobe.tokyo/

ひえしま進(日本維新の会)
https://hieshima.jimdo.com/

石川ナオミ(自民党)
http://www.naomi-ishikawa.com/

斎藤しげとし(無所属)
https://shige-saito.tokyo/

もう少し追加でリサーチしてみます。

米国人の夫は、ディベートや、候補者数名が集まっての議論会のようなものがあってもいいのに、と言ってました。たしかに!

同じ党の方達から、褒められるトークばかり聴いても、個人的には「あっそっ」です。むしろAさんとBさん、違う政党でも意見が一致する部分もあるし、ぶつかる様子こそまさに目にしたい。

だれか企画してくれないかなぁ
ネット上の番組でもいいから!!
と思った次第です

有権者の権利やネット規制など確認しましたが、このような記事を書くことは問題なさそうと判断しました。念のため、ダイレクトにご意見ある方は私のウェブサイトサイト経由でお問い合わせ下さい。

www.funtrap.net

#世田谷区議会議員選挙
#区議会議員選挙
#候補者
#世田谷区

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Global Press 理事。ライターをしています。www.funtrap.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。