美しさという光

久しぶりのNoteを書いている。

思いがままに、何かを書くことは、とても勇気がいることだ。

そこそこブロガーとして認識されたいま、思うがままに、どうしようもないコンテンツを出した時に、皆にがっかりされてしまうんじゃないかなという、恐怖心に苛まれる。

竹村さんのこのツイートを読んで、ハッとした。

こんな風に、失敗を恐れて縮こまっている、わたしはわたしらしくない。ミャンマーのヤンゴンに滞在している今、友人から「今月16日に、しくじり先生のイベントをやるから、こうみくに登壇してほしい!!!!こうみくほど、しくじり先生にピッタリな人選はいない!!」と依頼されるほどなので、もはや、堂々としくじりと失敗を繰り返して、経験に重みを、面の皮に厚みを持たせていこうじゃないか。

そう思い、筆を取った。

↑今週末、登壇予定のイベントはこちら


2018年は、ストレスとプレッシャーに押し潰されそうになった1年だった。

1月に、アフリカのベナンに遊びに行った時はストレスフリーのとてもいい顔をしていた。

しかし、仕事やプライベートの中で、自分にとって大きな挫折を味わっていくうちに、だいぶ老けた気がする・・・と、鏡を見るたびに憂鬱になっていた。上海に移住してからは、もはや、あまりにも憂鬱すぎて、鏡すら見れなくなっていた。

そして、寒い季節が苦手なことも手伝って、逃げるように、中国からミャンマーに疎開したのが2月1日。

そこから実に10日間ものあいだ、仕事を一切せずに、

4歳児と戯れ、

友人と飲み明かし、

イケメンと、LEGOに明け暮れた。

そこで撮った、様々な写真を見て、

「おぉお・・・・!!わたし、可愛い・・・!美女復活や!」

と、こうみくは、完全復活を確信したのである。(バカ)

昔から、わたしはレア度が高い美女・美男に出会うと、純粋に嬉しく、興奮を隠しきれなくなる。

それはもう、草原でミューツーに出会ったかのごとく(古い)、「とととととととと友達になってください!!!!」と、友情のモンスターボールを投げまくるのが常であった。

でも、その裏には、「わたしも美しくなりたい」、という深い憧れがある。美しい存在は、それだけで、周りを照らす光だ。何よりも、鏡に映る自分自身に対して、今日を笑顔で生きよう、と心を明るく照らす光だ。

そして、美しさは、ストレスやプレッシャー、気分の落ち込みといった様々な要素に簡単に吹き消されてしまう、とても儚い光でもある。

儚いから尊い。

反対に、ドキドキやワクワクといった感情があれば、いっそう、強く輝く光になる。

だから、心が躍る方向に、素直に身を任せて、生きていきたいと、改めて思いを強くしたよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、スライディング土下座で、お礼を言いに行きますーーー!!!(涙)

嬉しいっ!
60

こうみく

中国のトレンド最前線/先端Tech/Web/華僑の価値観などを発信します。 1989年中国生まれ、上海交通大学MBA在籍中、北京在住。依頼はこちら: mikukou@gmail.com

こうみくの部屋

パーソナルな日記です。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。