FXノート「私のトレード環境をご紹介いたします」

たまにFX投資家から、「スマホでスキャルピングができますか?」というご質問をいただきますが、私の実感では、正直、決してお勧めできません。

スキャルピングは数秒~数分程度で売買が完結することが多いので、トレード環境は極めて重要になります。

特に「スキャルピングはエントリーが命」と、私はよく述べていますが、数秒のタイミングのズレが致命的になることが多いからです。

その意味で、スマホというのは論外としても、タブレットやノートPC1台というのも、勝ち続けるには相当の感性や才能が必要だと思います。

・「弘法筆を選ばず」と言いますが、私の場合はトレード環境に徹底してこだわっています。

具体的には、エントリータイミングを見るのは1分足チャートですが、それ以外にもたくさんのチャートを見ています。

まずPCについてですが、事務所と自宅のそれぞれで、デスクトップパソコンを3~4台と、緊急時のバックアップ用にノートパソコン1台をセッティングしています。(停電時にデスクトップPCは使えませんが、ノートPCなら使えます)

ちなみに旅行先では、ノートPCと iPAD と iPhone になりますが、とても怖くてスキャルピングはできません。

・さて、モニター画面についてですが、3~4台のデスクトップPCに2~3画面接続し、合計で8~9画面のモニターを見ながらスキャルピングしています。

【左が自宅、真ん中が別宅、右が事務所のトレーディングルーム】

・さて、たくさんのモニターには何を表示しているかですが、例えばドル円をスキャルピングするために見ているものとして、次のチャートがあります。

①ドル円の1分足チャート(その1)
②ドル円の1分足チャート(その2)
③ドル円の1時間足チャート
④日経225先物チャート
⑤NYダウ先物チャート
⑥米国10年債利回りチャート
⑦VIX(恐怖指数)チャート

上記の私のトレードしている環境と、スマホだけのトレード環境では、スキャルピングの精度に大きな違いが生じることは言うまでもありません。

現在は昔と違って、モニターは驚くほどに安くなりました。会員の皆さんも、トレード環境に少し投資して、モニターの数を増やすと良いかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。