“やらニャい”という選択。『猫思考 自由に生きるためにやらニャいことAtoZ』ナカムラクニオが語る。

映像ディレクターにして東京荻窪のブックカフェ「6次元」オーナー、

さらに金継ぎマスターと多彩な顔を持つナカムラクニオ。

彼の最新刊が

猫思考 自由に生きるためにやらニャいことAtoZ』(ホーム社)

猫思考とはいわば引き算の人生哲学。

ナカムラクニオ流の“やらニャい”流儀が

AからZまでたっぷりと紹介されています。

さらにはあなたの人生を変える!?かもしれない猫力テスト。

そして自らの自伝的小説というネコメンタリー小説と

盛りだくさんの内容になっています。

果たして、

今この時代、社会の中で“猫思考”が必要なわけは?

そしてナカムラクニオは“猫思考”をどう実践している?

“ねこって凄い!”

ねころびながら読んで、聴いてくださいニャあ。


音声はこちらから


※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。

定期購読マガジンはこちらから

ナカムラクニオ

1971年東京生まれ。映像ディレクター、荻窪のブックカフェ「6次元」店主。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方——都市型茶室「6次元」の発想とは』(CCCメディアハウス)、『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)、『パラレルキャリア』(晶文社)、『金継ぎ手帳』(玄光社)、責任編集短編小説集『ブックトープ山形』(東北芸術工科大学)などがある。最新刊はホーム社刊『猫思考 自由に生きるためにやらニャいことAtoZ』。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。