蒲田健の収録後記:篠原かをりさん


強くなければ、生き残れない

篠原かをりさんの最新刊「サバイブ」

今生き残っている生物は、様々な生存競争を勝ち抜いてここに存在している。

では勝ち抜くための強さとは何か?一般的にはマッチョであることが戦いを制する

イメージであろう。


だが様々な生存方法を具にみると、必ずしもそればかりが絶対条件ではないことが

わかってくる。そもそも「戦わない」ことを選択し存続している生物もいる。


「弱肉強食」という言葉があるが、様々な方法で「食べられない」ことで

生きのびる術を獲得した生物もいる。「食べなくても生きていける」という前提を

根本から覆す方法論の実践者さえ存在する。


“生き残る”ということが生物の究極の目的であるなら、彼らは各々が見事に

ミッションをクリアしている勝者である。


強さとはなにか。その本質を考えさせてくれる一冊である。


「生き残る それがゴールで あるならば

         生きるものたち みんな最強」

P.S. 篠原さんが最強と考えるチョウチンアンコウのオス。“究極の愛とは

なにか?”を教えてくれる存在でもあると思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

2

インタビュアー蒲田健の収録後記

収録後に感じたこと考えたことを語ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。