吉本ばななが語る“食と幸せ”『切なくそして幸せな、タピオカの夢』を語る。

「人生は一度しかなく、なるべく幸せでいた方がいい。

なるべく愛する人と、おいしく食べた方がいい。」

吉本ばなな最新刊『切なくそして幸せな、タピオカの夢』。

台湾在住のイラストレーター、Soupy Tangさんの絵が

たっぷりと収められている吉本さんの最新刊。

もともと台湾で出版された本がついに日本でも刊行となりました。

食、子育て、そして幸せについて

吉本さんのこれまでの経験と思いがたっぷりと詰まっています。

吉本さんのお父様のバターづくしの手料理、

そして吉本さんの息子さんが大好きなタピオカドリンク。

食と幸せの楽しくも切ない関係。

吉本ばなな流、人生をより幸せに、より楽しくするために必要なことは・・・

音声はこちらから

※音源をダウンロードする場合は、パソコンで画面を開き、

再生ボタン下の「ダウンロード」ボタンより行ってください。 

定期購読マガジンはこちらから

吉本ばなな

1964年東京生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年小説「キッチン」で第6回海燕新人文学賞を受賞しデビュー。89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で第39回芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『アムリタ』で第5回紫式部文学賞、2000年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞を受賞。著作は30カ国以上で翻訳出版されており、海外での受賞も多数。近著に『吹上奇譚 第一話 ミミとこだち』『どくだみちゃんとふしばな1、2』がある。noteにてメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」配信中。最新刊は幻冬舎から出版の『切なくそして幸せな、タピオカの夢』。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご愛聴有難うございます。 宜しければサポートお願い致します!

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。