泣くという歴史、の予告

人というのは、生まれてすぐに産声をあげる。
顔を真っ赤にして、わんわんと泣く。
泣くという歴史はそこから始まるのである。

歴史、という呼び方をしたのには、
やはり理由がありまして、
私は泣くことに関して幾つかの変化を経ている。

泣いて始まるものだから、しばらくは泣くことに
何も感じていなかったのだけれど、
いつしか泣き顔が恥ずかしく思えて
見える場所では泣かないようになった。

部活動をしていても、
全部が終わった後で隠れてこっそり泣いていた。

こんなことで泣いてやるもんかと、
堪えた涙もあっただろうか。

いつしか私は、
泣かない子供になっていたように思う。

ところが、ある時を境に泣くことが
そこまで特別ではなくなってきた。

もちろん今でも人前では
なかなか泣けないのだけれど、
一人の時でも泣かなかったところから、
状況さえ合えばボロボロと
涙をこぼすようになってる。

じゃあ、どういった時に
涙することが多いのだろう。
そこを掘り下げてみたかったのだけれど、
諸事情により、今日は予告まで。

おやすみなさい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

_autumn_

日記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。