あなたは「運が良い」ほうですか?

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

五木田穣(ごきたゆたか)です。


先日、『なんか知らないけど、強運が舞い込むすごい習慣/本田晃一』という本を読みました。本田晃一さんの本を読むのは2冊目。昨年、『はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法』という本も読みました。

読んだきっかけは、去年行った『旅祭』。そこで、新著が出るというお話をされていたので、すぐに購入して読みました。で、今回、新著が出るというので、Amazonで予約注文をしていて、届いたので早速読んだという感じです。


で、最近は、読んだらInstagramのストーリーにあげているんですが、今回こんなアンケートをつけてみたんです。

で、その反応を見てみると、

おー!約9割の人が、自分は「運が良い」と認識しているみたいです。面白い結果ですね〜。

本にも書いてあるのですが、自分で自分のことを「運が良い」と認識している人は、「運が良い」ことを引き寄せるみたいです。


「経営の神様」と言われる松下幸之助さんは、社員の採用面接のときに「あなたは運がいいでっか?」と聞いて「運が良い」と答えた人を採用したそうです。

やはり、自分が運がいいと思っている人は、運を引き寄せるみたいです。運が良いと思ってるだけで採用されちゃうんですから。


「ツイてる!ツイてる!」という口癖の人と
「ツイてない!」という口癖の人。

どちらが良さそうでしょうか?
どちらの人と付き合いたいですか?

世の中には、確かに運・不運は、ある程度あると思います。
でも、自分は運がいいと思った方が絶対に得です。

「なんでこんな嫌なことばっかり起こるんだろう」って言う人、
周りにいませんか?

で、実際に、嫌なことばっかり起きてる。
なんで、そんなにいろいろ嫌なことばかり起こるのか。。
そう思うようなこともありますよね。

運がない?本当にそうでしょうか?
なんで、こんなことが起こるのでしょうか?

それは「嫌なことばかり起こる」と自分で思っちゃってるからです。


「嫌なこと」に意識がフォーカスしちゃってるから、
頭の中で勝手に「嫌なこと」を探しちゃうんです。


例えば、今、あなたの周りに、青色のものがないか探してみてください。
ありましたか?

では、緑色のものはありませんか?
ありましたか?


これが、意識がフォーカスするということです。

そこにあると言う事実は変わらないのに、そこに意識をフォーカスするから、それが見えるようになる。

「嫌なことばっかり」と言ってる人は、
「嫌なこと」を探しちゃってる感じです。

「良いことばっかり」と言ってる人は、
「良いこと」しかみてないんです。

そこにあるもの、起きてることは、常に一定なんです。何を拾うのか、どこに意識をフォーカスするかの違いでしかありません。であれば「良いこと」探しをした方がよくないですか?

運が悪いと言っている人は、自分が運が悪いと思い込んでいるだけ。
運が良いと言っている人は、自分が運が良いと思い込んでいるだけ。

こちらの本には、運が良い人たちが、自然とやってる運が良くなる習慣に書かれています。自己肯定感が高く、常に感謝をする気持ちをもち、どんな些細なことでも楽しんじゃう。そんな人が運が良くなっていくみたいです。

興味がある方は、ぜひ読んでみてください (^^)


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スキ!やコメントをいただけると嬉しいです!

それでは、また〜。

五木田穣


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

五木田穣

五木田の頭の中

年間読書数200冊以上、年間神社参拝数500社以上、運動指導歴15年以上の五木田が常日頃考えていることを書き綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。