僕が社会人になって筋トレを続けるために捨てた事

みなさんこんにちは、まっする武田です。地方国立大学を卒業し、新卒で外資系IT企業に就職し6カ月経ちました。学生の時は部活と筋トレに打ち込んできたため仕事をどう回していいかわからない有様。残業が積み重なりなかなかジムに行く事が出来なくなりました。

ようやくジムに行って筋トレしてみるとベンチプレス70kgが精一杯という風になってしまいました‥(ベンチプレスのベストは99kg)

時間が大量にあった学生生活とは違い社会人生活は時間をうまく捻出して時間を確保しないといけない事を痛感しました。

そこで学生の時に意識してやってきたある事を捨てて筋トレを始めたところ今ではなんとか週に4回は筋トレできるようになりました。

今回は社会人になって筋トレを続けるために捨てたものについて書いて生きたいと思います。

それでは早速見て行きましょう。

■目次
1:完璧主義は即刻捨てる事
2:ジムに行けなくても家トレでカバー
3:まとめ「社会人が筋トレを続けるために捨てること」

この記事を見て欲しい方
1:社会人で筋トレをしたいが、忙しさを言い訳にできていない方
2:何事も完璧にこなしたいと思っている方

この記事を見なくてもいい方
1:予定時間を自由に調整できる方


ーーー

1:完璧主義は即刻捨てる事

・社会人になって筋トレする方がすぐに捨てないといけないものが「完璧主義」です。

社会人は基本的に飲み会や急な残業が入る事が多いため完璧に「月曜は胸、火曜は腕‥」とルーティーンを固定しない方が無難です。

むしろルーティン通りにできたらラッキーぐらいで考えましょう。その方が精神衛生的にいいです。

以前の自分は社会人になっても学生の延長で「月曜日は胸やって火曜は腕と肩‥」でメニューを設定していました。

しかし、終わらない仕事の量で残業をしてしまい「今週はルーティーンどうりにいかなかったもういいや!今週は休みにして来週しよう。」と考えていたら飲み会と彼女の来訪などが重なり、あれよあれよと一カ月まるまるしなかった事があります。

ベストボディやフィジークの大会に出るなどの目標がなく、健康増進などの目的の方は、それほどキリキリとルーティンを固定してする必要はありません。

「週に〜回する。」と目標を決めたら、それを1週間に配分して筋トレをすると考えた方が現実的と言えるでしょう。


2:ジムに行けなくても家トレでカバー

・時間がない時にジムでストイックに筋トレすることを重要視せずに、家でもできる筋トレは家でしてしまいましょう。

以前の自分はジムで前回よりも重い重さを使うことにこだわって筋トレしてきました。そのおかげでスクワットが160kg、デットリフトが170kgとそれなりに重い重さをあげることができました。

「社会人もこの調子でジムにガシガシ通って重いものをあげるぞ!」と意気込んでいました。しかしいきなり入る会議、残業などによって生活習慣はぐちゃぐちゃに‥

自転車で家から10分のところにあるジムに行ってたのも悪い要因かもしれません。これらの要素が重なってジムで筋トレすることが一番大事と考えていた自分は仕事の疲労とジムに行けないことの罪悪感からズルズルと筋トレをしなくなってしまいました。

そこで意識を変えて家で代用可能な部位に関しては平日に家でやるようにしました。

例えば胸と肩の前部の日ではジムで下記のトレーニングをしてました。

・ベンチプレス
・インクラインベンチ  
・オーバーヘッドプレス
・アーノルドプレス

それを家でやる際には下記のように変更しました。

・腕立て伏せ
・脚をベットに上げて傾斜をつけて腕立て
・リュックに本を沢山詰め込んでフロントレイズ

基本的に胸、腕、肩の前、中部に関しては家でも可能なので時間がない場合は家でやるようにしました。

様々な角度から鍛えたい脚と背中に関しては土日にジムに行くという方法で落ち着きました。

このようにすれば平日に胸、腕、肩の前、中を2日に分けて時間がない場合家で、時間があればジムで筋トレ。

休日は土曜と日曜に脚と背中というように分割して筋トレすることにより週4回筋トレに行く事を実現することができました。

まとめ
・ジムでだけ筋トレする、この曜日はこの筋トレをするなどの完璧主義を改める
・ジムだけでなく、家で筋トレすることも選択肢に入れる

今年の6,7月は全くジムに行くことができずかなりモヤモヤした日々を送っていました。8月の中旬あたりから上記の方法を取り始め、なんとか現在まで筋トレする習慣をキープできています。社会人で筋トレを続けるためには柔軟にメニューを変更する勇気が求められていると思います。それでは良い筋トレライフを。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。